読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

フラット35がリフォーム一体型ローンを取り扱いスタート。

スポンサーリンク

フラット35がリフォーム一体型ローンの取り扱いを始めたそうです。

 

リフォーム一体型ローンというのは、つまり中古住宅購入と同時にリフォーム代金も借りることができる、ということ。つまり、リフォーム代金にも住宅の抵当権が設定されているし、そのおかげでリフォーム代金も住宅購入と同じだけ低い金利で借りることができる、というわけなのです。

 

中古住宅購入のためにお金を借りてから、リフォーム代金を借りる場合、大抵の場合は別のローンになります。そうするとリフォーム代金が高くなったり、金利を下げるために抵当権に組み込もうとすれば、登記費用がかかったり。要するに、別々だと無駄にお金がかかる!!

 

というわけでフラット35のリフォーム一体型ローンの取り扱いは画期的と言えるでしょう。

 

注意点は以下の2つ。

1.住宅購入時にはつなぎ融資をうける必要がある。

資金額が下りるのはリフォーム後なので、とりあえず住宅購入費用は出しておく必要があります。

と言っても、自分で出せるわけがないので(出せるなら借りませんよね)、民間の金融機関に出してもらうことになります。これが“つなぎ”融資というわけです。リフォームを待っている間は、このつなぎ融資の金利は支払う必要があります。

 

 2.リフォーム代金の費用を最初に提示する必要がある。

リフォーム代金がどれくらいかかるか、最初に提示しなければならないのは結構な負担です。中古住宅を内覧したうえで何が必要か見積もる必要があるわけですから。リフォーム費用が想定よりかかる場合には審査のやり直しになります。不安な人は、審査やり直しになった場合に備えて、途中で他の借金を作らないこと、そして、余裕を持った借入計画を立てておくようにしましょう!!

 

 

とまあ、こんな具合にフラット35の利便性があがったわけですが、残念ながらまだまだ取扱い金融機関は多くないようです。

取扱い金融機関一覧はこちら。http://www.flat35.com/files/300238910.pdf

うーん。なんか信金が多いイメージ?信金として導入を決めたから連なったのかな?

労金も今後増えそうですね。