D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

英語がいつまでもできるようにならない勉強法についてまとめた。

スポンサーリンク

私は、自他ともに認める英語嫌いの英語ダメダメ人間でした。高校時代の英語で何回かゼロ点をとったことは今となっては懐かしい思い出です・・・。担任ずっと英語教師だったし・・・。

 

そんな私がやってみて、かなりダメだった勉強法をまとめておきます。

 

  

CDを聞かず我流で単語を覚える。

 


中高では主にこの方法で単語を暗記し、テストに臨んでいました。なぜCDなどを聞かなかったかと言うと、まあ、TVを見ながら勉強したりするなどして騒がしい環境にいたからです(自業自得)。

 

漢字とかは書きとりで覚えるじゃないですか?小学校低学年の宿題と言えば大抵は書き取りのプリント。それらの体験から「英語も書きとりで覚えたらいいんや!」という間違えた方法に。これだと綴りなどのペーパー試験は対応できますが、聞き取りは対応できません。

 

でも、この間違った勉強方法をしている人はきっと結構いるはずです。そして、この方法だと、努力の割に実り少なし。むしろ有害としか言えない結果しか残らないというわけなのです・・・。

 

 

ネイティブに丸投げする。


いきなりスカイプとかで通話して教えてもらおうとしたり、国際交流会館にいるアメリカ人に教えを乞うてみたりしましたが、ダメでした。流れに任せたのでは、英語は勉強できないということです。これは英会話スクールを検討している人にも覚えておいてほしいことです。

 

同じ趣味があるようなネイティブの友人がいるとかであれば、多少はマシでしょう。共通の話題があり、その関連用語の開拓が進むでしょう。そうではない場合、二人の間に何もない場合。英語能力は向上しません。まず何を話していいか分かりません。

 

自己紹介ばかりうまくなる可能性はありますが、それ以上に発展することは望めないでしょう。英語をネイティブに教えてもらうためには、目的を明確化すること、そして、しかるべきテキストを用意することが大切です。

 

そして、英語の本当の初心者は、ネイティブに教わるよりも日本人に教わることも検討してみることが大切でしょう。

 

 

,

聞き流すだけ


寝てしまいます。受動的な態度では、あまり効果はありません。聞き流す系の教材を購入した場合は、それらを書き取る、もしくはあとについて口から出すようにしましょう。そうすれば聞き流しだけにはならないので効果が出てきます。

 

ダメな勉強法は大体以上のようなものでしょう。それ以外の勉強方法は芽が出るのは遅いことはあっても、まわりまわって、プラスになることが多かったと思います。

 

たくさんの単語帳や文法書に手を出し、試行錯誤の連続でしたが、そのどれもが自分の英語力向上につながったと思います。だから、今、あなたが何かやっている英語勉強方法があれば、「これでいいのかな?」なんて悩むことなく信じてやりきることが大事でしょう。それが上記3ポイントに該当した場合だけ考え直してください。

 

f:id:peticonbu:20150609191254j:plain

*Photoshopを使いこなしWebでモノを売っている私の渾身の作品。
 
英語の能力向上は階段のようなものに例えられます(上図)。伸びるときは伸びますが停滞期も長い。だから、途中で「これでいいのかな?」と悩むことも多いかもしれませんが、一度手を出したものはとりあえずやりとげましょう。必ず結果はついてきます。