読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

ブログを始めたきっかけについて書いてみる。

お題
スポンサーリンク

今週のお題「私がブログを始めたきっかけ」

 

 

まだまだブログを始めたばかりで不慣れなのですが、今週のお題とやらに挑戦。
なんか、宿題みたい。「ゴールデンウィークにしたことについて日記を書いてきてください」的な。

 

私がブログを始めたのは、4月くらい。このブログD'acより前に、2,3作って放置状態。始めようと思ったものの、何を書いていいか分からなかったので、結局ネット空間を漂うゴミと化してしまっている。

 

きちんとブログとして体をなし、稼働しているのは、こちらのブログだけ。とは言ってもまだひと月にも満たない生まれたてほやほやのブログだ。何かを期待してやってきても、ほとんど記事はない。申し訳ない。

 

 

私がブログを始めた理由。


私は、2年前からネット上でWebライター兼翻訳家として活動をしている。仕事で文章を書くというのは、ジャンルによるのだろうが、私の場合は実に味気ない。自分を殺せ、ニュートラルなものを仕上げろ。これが至上命題。

 

主に金融系文章が多く、取扱うものが数字ばかりなので仕方ないのかもしれない。

 

そして、自分の文章がどれだけの人の目に触れ、反応されているのか知る由もない。書き上げた文章は私のものであって、私のものでない。

 

自分でブログを始めれば、思いっきり偏ったものが書ける。本当にいいものを紹介し、ダメなものをこき下ろすことができる。そして、自分の文章がどれだけの人に読まれているのか知ることができる。

 

 

偏りたい!


結局のところ、ブログを書く理由はここに尽きるのでしょう。

 

歳を重ねるにつれて知識が増えるに従って、だんだん守りに入る。毒にも薬にもならない言葉でお茶を濁すことが上手になってくる。これは実社会で必要とされるスキルだけれど、そして、そういう自分が決して嫌いではないのだけれど。

 

でも、それをずっと続けていると、自分が何を考えているのか分からなくなる。だから、ここいらで一旦自分をさらけ出す練習をしてみようと。偏屈な自分を出せるスペースを確保しようと。そう思ってブログを始めた。

 

どういったものが仕上がるのかまだ不透明だけれど、とりあえず100記事ほど書いてみようと思う。ブログ仲間もできると嬉しい。まだ使いこなせていませんが、よろしくお願いします。