読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

未経験のライターや翻訳家がどうやって仕事を獲得すればいいのか。未経験からの仕事獲得方法と心得を書いてみる。

スポンサーリンク

 私がクラウドワークスやランサーズで仕事を始めたのは2年ほど前。出産で会社を辞めたときにあたります。まあ、それまで文章なんて書いたことも書こうと思ったこともなかったのですが、在宅で仕事をする上で文章書きが一番効率がよさそうなので、文章を書くことに。

 

 

私が評価も実績もないところから仕事を取ってきた方法をここに記しておきます。

いやー、しかし、Webライターを長くやっていると、なんというか自分のスタイルが定まらなくて困りますね。まだブログ初めて10日くらいしか経ってないからかな。なんとなく、落ち着かん。

 

 

未経験だと不利?


クラウドワークスなどでは、実績が蓄積されます。だから、どうしたって実績順。未経験だと不利に感じます。まあ、実際不利です。クライアントによっては、「実績が10以上あり、本人確認が終了していること」なんてことを明確に掲げているところもあります。そんなとこは今回は無視していきましょう。本人確認は早めにしておくことをお薦めします。

 

じゃあ、どうやって案件をとっていくのか。


気合です。


と言っては身も蓋もないのですが、実際情熱で仕事はとれます。
具体的に私が未経験から仕事をバンバン獲得した方法を紹介しておきます。

 

 

きちんと申し込むこと。


タスクばかりだと、いつまで経ってもお金は貯まりません。私はタスクは一個もしていません。一件30円とか無理。プロジェクト案件に申し込むこととしましょう。内容は以下の通り。

 

初めまして。
御社案件を拝見いたしました。
実績はまだまだありませんが、やる気はあります。
御社案件のテーマである○○に対する知識も十分にあります。情報を探すのは大変得意なので、必要な情報はしっかり調べて仕上げます。実績がないことがご不安に思われますようでしたら、最初は報酬なしのトライアルからで結構です。
検討していただけますと幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。

 

アピール点

・やる気があること。
・テーマに関して知識が多いこと。
・報酬なしのトライアル(テスト)を受ける準備があるということ。
・できれば、経歴などを付けるとよろし。
  銀行員だった、美容師だった、事務でPC操作は問題がないということなど。

 

注意点

・誤字脱字があると、ライター仕事は任せてくれない。
・納期を守ります、なんて当然のことは書かない。

 

ちなみに翻訳案件では、トライアルをさせてくれ、ときちんと伝える必要があります。

 

こんな感じで、ちょちょいといじってクライアントに送ってみましょう。
なんというか、「よろしくお願いします」だけ送るワーカーさんもいるそうで。それで仕事がとれるわけがないです。

 

 

想像力を働かせてみよう。


あなたが、翻訳なり美容記事なりを人に任せようとしたとします。どんな人に任せたらいいのか。きちんとしたものは仕上がってくるのか。質が悪いものにお金を払わされたらどうしようか。いろんな不安が思いつきます。


実は人を使うのも大変神経を使うことなのです。まあ、そのへんクライアントさんの気持ちを読み取ってあげて、何を伝えれば向こうは安心して仕事を任せることができるのか、それをしっかり考えましょう。

 

私を使うといいことがありますよ、という根拠を与えたらいいんです。クライアントの不安を文章で払拭する。言ってみれば、もうそこから仕事は始まっているということで。

 

まあ、あんまり安い単価で買いたたこうとするようなクライアントは相手にしないようにしてもらいたいものですが。他のワーカーさんのためにも。