読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

昨日の反省。そして、日本の財政破たん。もしもに備える資産防衛術。

スポンサーリンク

いきなりですが、昨日の反省からスタートします。

 

 

昨日・一昨日の反省。

なんか、「好きなことを書いていいブログ」と思ってやっているのに、昨日は結構批判されて落ち込みました。

もう、ブログやめちゃおっかな~。でも、pro申し込んでいるから勿体ないな~。どうしようかな~。という感じで。

 

でも、反省。
ブログは政治と宗教は炎上のもとなので書かないようにしましょう! って常日頃言われていたのに、どうしてあんな記事を書いたのか。「財政だからお金の話だし☆」とか思っていた一昨日の私を殴ってやりたい。よく考えれば、というかそんなに考えなくても、確かに政治の話だ。

 

peticonbu.hatenablog.com

 

 

けれど、日付が変わって、ちょっと批判コメント読み返してみたら「家計と国家財政を同列に語るな!」というものがほとんどだから、「まあ、いいか」という気分に。
「日本大丈夫だし。ヤバくなんてないし。」と言っている人はいない。むしろ、そういう声があれば聞きたい。このくらい言ってほしい。

世界が日本経済をうらやむ日

 

そんな中、アクセスとはてぶが伸びる中、いつもと変わらず、通常記事にスターをつけてくれるいつもの読者さんたちに和んだ。なんか、もう、みんな好き。あ、逃げないでください。

 

そして、新しく読者になってくれた人にも感謝。ありがとちゅん・・・(泣)。

 

というわけで通常運行に戻ります!

 

日本の財政について話をしたついでに、日本破綻にそなえる方法について書いておこうと思います。簡単にね。

 

日本財政破たんに備えよう!

 

1・金投資


インフレが起ころうと金を持っていれば大丈夫!
資産の一部を金投資に回しましょう。

 

2・ドル建て資産への投資


円以外の資産を持つようにしましょう。
円が紙切れになっても、他通貨分散していればダメージを最小限にできる。
ドル以外にもユーロなどなど。

 

3・固定金利で借金しよう


インフレは債権者から債務者への富の移転です。
固定金利の借金があると、インフレ時には実質的に借金が目減りします。
変動金利だと、インフレ分追いかける形で利息が増えるので意味がありません。

 

4・自己投資


金融資産への投資もいいですが、自己投資も忘れずに。
いざとなれば海外に出られるように準備(英語など)をしておくのも一つの手。
他にも、貨幣が役に立たなくなっても食べるものに困らないように、プチ農家を始めてもいいかも。
来年には、ジャガイモくらい作りたいなあ、と思っています。プチ農家ブログになるかも。

 

5・仲間や家族を大切に


いざというときに助け合える人たちを増やしておくというのも大事です。友人を大切にしましょう。
お友達が少ない方(あ、私?)は下のボタン押すといいよ!

え? 嫌とか言わないで。