読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

ネットでお金を稼ぐということ。お金はお金がすきな人のところにやってくるのよ。

マネー ライター
スポンサーリンク

 昨日マミーさんから、こんなものが届きました。

f:id:peticonbu:20150701051221j:plain

あけてみると・・・。

 

 

f:id:peticonbu:20150701051305j:plain

 

めっちゃ可愛い。好き。

 

さかのぼること6月中旬、勝手にマミーさんのサイトにほれ込んでずうずうしくもブタの編みぐるみ作成を要求。そのあと作ってくれたマミーさんに対して、「ははは、まんまと思い通りになりよったわい。」なんてつぶやいたかどうかは定かではないが、売ってくれと要求。

 

そして、昨日6月30日、我が家に無事彼らを迎え入れることができたというわけです。

・・・本当、手間かけさせましてスイマセン。

 

「お譲りしますよ」と言ってはくれたものの「いやいやお金出します」と。まだ振り込めてないけれどね☆今週中には・・・。

 

私とマミーさんの間柄(妄想)だと、タダで貰っても良かったのですが、お金を出したのには理由があります。

 

1・お金を払った方が次も頼みやすい。


あれ? なんかマミーさんが逃げる音が聞こえてくる気がします?

マミーさんも忙しいので、そうそう頼んだりはしません。警戒させてすいませんでした。
ただ、自分では、そういうのをつくる才覚が無い私としては、今後も何かあったらおねがいできたらいいな、なんて思ったりしているのは事実。
ムーミンとか作れないかしら・・・。ぼそ。

 

2・売り物になるということを知ってほしい。


最初、ブログをみたときに、「編みぐるみ作家さんかな?」と思って、どこで売っているのか訊こうと思って、売り物かどうか尋ねました。
すると、「売り物だなんてとんでもない」といったような反応だったわけです。

 

勿体ないな、と思いました。私は、ハンドメイド品が好きなので、時々ヤフオクとかを覗いてウォッチしています。ハンドメイド売れますよ? 
とは言っても、ヤフオクの終了時間が10:00とかで私は娘と既に眠りこけているので、落とせた試しがありません。欲しい人が多いということです。

 

時間以外のモノを売ろう!


私もサラリーマンの時は思いもしませんでした。
私の売り物は時間。ただそれだけだと思っていました。

 

でも、違うんですね。売ろうと思えば時間以外も売ることができます。
もちろん、何かをつくるときには時間がかかります。厳密に言うと時間も売っていることになります。


けれど、そのうえに時間以外のものを乗っけて売ることができます。

 

ココを読んでいる方はブロガーの方が多いのかな、と思いますが、ブログ記事も売ることができます。もちろん、自分のブログを上手にマネタイズしている人もいるでしょう。それもブログ記事を売っているということ。もちろん、1000文字=2000円というふうに切り売りすることもできます。

 

ブログ記事などを切り売りしたい人はこちらとか参考になるかも。

 

peticonbu.hatenablog.com

  

紹介にあるように、私の現在職は写真家(?)です。なんで(?)かというと、ネット販売の商品写真を撮る仕事だからです。風景画とか人物は撮りません。カメラ、会社のだし・・・。30万もする高級カメラなんて持ち出せません。


ネット販売をしていると色々な驚きがあります。「こんなものが売れるのか!?」とか、利益こんなに出してもいいのかな? とか。

 

社長と万年サラリーマンの私の違いはお金に対する認識の違い。


原価が10万円のものが100万円で売れたときに、私は「こんなに貰って申し訳ない」なんて思うわけです。社長は違います。当然という顔をしています。

私が新規ビジネスを提案したときも、「いくらかかるん? 10万円? そんならすぐに始めなよ!」と。いや、10万円って私には大金よ? え? しょぼい? すいません・・・。

 

お金は儲けて当然、と思っている人のところに入ってくる。


そう。これが真理です。
お金を稼ぐことに罪悪感がある人はいつまで経っても稼げません。

 

Webライターをしていて、最初1文字=0.5円とかだったんですね。どんどん切り上がっていって、1文字=5円とかになったときは、つい「もっと安く仕上げますよ」なんて言ってしまいました。


でも、クライアント側としては、1文字=5円の責任を持って仕上げて欲しいということだったわけです。「値引きしますよ」と言った結果、契約を逃したのは痛い思い出です。

 

ということで、今、何かを売ろうと考えている人は自信を持って取り組むことをお薦めします。
色んなモノが売れます。型にはまらなくて大丈夫です。
じゃんじゃん売っていきましょう。

 

f:id:peticonbu:20150701051912j:plain

 

マミーさんへ。
マミーさんにも「どんどん売っていけ」というつもりはありません。
趣味も大事です。でも、もし、「売ってみたいな」って今後思うことがあったとき、謙遜しなくていいと思います。受け取ったハリネズミさんにブタさんは十分お金を出す価値があるものばかりでした。
私のために時間を割いてくださってありがとうございます。

未来の編みぐるみ作家マミーさんのブログはこちら。

mamichansan.hatenablog.com