D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

そんなんじゃ、誰も幸せになんてなれないよ!

スポンサーリンク

 何の話かと思いきや、誤クリックの話です。

 
昨日、あるブログを読んでいたんですけどね、まあ、誤クリック誘導の多いこと多いこと。
この人、そんなに読んでほしくないのか!って思ってしまいました。

 

誤クリックは誰のためにもならない、そんな話をしていきたいと思います。

 

広告を出している企業からすると


購入意欲のないクリックに対して、広告出稿代を支払う必要がある。
本当にその商品を欲しい顧客にリーチしない。

 

読んでいる人・誤クリックを誘導された人からすると


読みたいコンテンツがあると思ってきたのに、読んでいる途中で違うページに飛ばされるストレス。
いちいち画面を閉じたり、戻ったり。大変なストレス。
欲しい情報が思うようにとれない。

 

誤クリックしやすいところに広告を貼っているサイト・ブログ運営者からすると


途中で離脱を余儀なくされるユーザーから、そのうちそっぽを向かれる。
それに、誤クリックが多発すると、クリック単価(1クリックあたりの報酬)が下がる。

 

とまあ、誤クリック誘導って誰にとってもいいことありません。
誤クリックしやすい位置に広告を貼っている人はちょっと考え直しませんか?

以上!