D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

アクセスを増やすためにやっておきたいこと。技術的なことじゃないよ。

スポンサーリンク

 現在目下取組中ですがアクセスを増やすためにやっておきたいこと、それは、ヒット記事の関連記事を増やす、ということです。

  

ヒット記事の関連記事を増やそう!

ヒットした記事があれば、その関連記事を書くことで、読みに来てくれた人の離脱を防ぐことができます。


ある記事が100回読まれるのであれば、関連記事を1件書けばPVは200に、2件書けばPVは300になる! はずですよねえ・・・。文章の途中で離脱されなければ・・・。

 

私の場合は、こちらの中国記事追記したよ!!! 非投資家のための中国バブル崩壊・ザックリ説明。 - D'ac がすごく読まれていたので、すかさずこちらの中国の株式市場のその後。 - D'acもポスト。


その時期はアクセスが伸びました。

でも、タイミング的にはちょっと遅かったみたいなんだけど。

 

前にも言いましたが、記事を大量投下しているにも関わらず、稼ぎ頭(アクセスの)はせいぜい3、4本。となれば、如何にそこから横に広げていけるかが勝負です。

 

ジャンル絞ったら、そんなんしなくていいんでしょうけどね。一件読まれたら、自然に他の記事も読んでもらえるし。なにせ雑記ブログなもので、なんでもかんでも詰め込んでいます・・・。

 

賞味期限が長いものと短いものを両方揃えよう。

一応、ここは戦略的にやっているつもり。


語学ネタや住宅ローンの基礎知識などは賞味期限が長い。

でも、新商品や時事ネタは賞味期限が短い。

 

上に書いた関連記事を増やそう、ともリンクするのですが、今後は賞味期限が短いネタで釣って(一般検索)、賞味期限が長いネタで滞在してもらう公算。

 

賞味期限が長いネタで検索上位は難しいんだけど、賞味期限が短いネタだったら、個人の弱小ブログでも十分勝算がある! と私のブログ歴(一月半)で判断しました!

 

もちろん、定期的に賞味期限が長いネタも手入れする必要があるでしょう。私の場合、法改正や制度改正などもあるでしょうし。色々まだまだ試行錯誤中です。

 

とまあ、こんな感じで書いてみましたが、基本は適当にやっています。今はまだ娘も小さいし、なかなか時間も取れないので、助走段階。仕事も忙しいし。娘が幼稚園とか行ったら、本格的にブログ運営をしてみたいな、って思うかも。思わないかも。

 

ちなみに、量は質に転化すると思う。(ブログ報告含む) - D'acでコメントをくれたid:masaki709さんの言った通り、何気なく書いた記事がアクセスを今集めています。


コレ。 

peticonbu.hatenablog.com

なんでこれが・・・。って思ったりしますが、アイスの季節なんでしょうねえ。