D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

プレミアム商品券の賢い使い方。in 高松

スポンサーリンク

昨日、無事プレミアム商品券を受け取ってきました。

f:id:peticonbu:20150802041703j:plain

この商品券に対しての異議申し立てはそこそこ書き殴ったので、今回は受け取りの風景と使い方のコツみたいなものが書けたらいいな! でもさ、この券作るのにも税金を使っているんだよね! いやー、本当すごいわ。

 
一応、異議申し立て的なお話はこちらに。 

peticonbu.hatenablog.com

peticonbu.hatenablog.com

 

受け取り現場。

受け取り現場の写真は撮っていません。


抽選だったにも関わらず、結構な混雑。何人かが列をなし、係の人(市の人間なんだろうね)があれやこれやと説明。列をなしたおばさんたちが「これってどこで使えるの?」なんて話をしていました。

 

で、順番が来たら、受け取り。支払い。「枚数は確認して帰ってください」って言われる。「え! 面倒!!」なんて言わなかったけど、めんどかった・・・。

 

並んでいる人のなかには当選通知を5枚くらい持っている人もいて、「全部1家族で当てたのかな~。ずるいなあ。」なんて思ったりして。もちろん、「とくや券」も含まれているんでしょうが。(「とくや券」は商店街内だけで使うことができるプレミアムがついた商品券。使える場所が限られるのでやや不人気。再抽選があった模様。)

 

使い方のコツ。

昨日、私たち早速使ってきました。
食料品で1枚。子ども用品で2枚(おむつとかおしりふきとか)。まあ、ここまではいいのよ。


日用品コーナーで、総計900円くらいの買い物をしようとしたときのこと。
夫が、「あと、100円で1000円行くんだから、あと100円なにか買おうよ!」

 

なにを言っているんだね。君は? そうそれこそが奴らの魂胆なわけですよ。

プレミアム商品券はおつりが出ない。だから、最低でも1000円、もしくは500円を使わなければいけない。それ以下の買い物には使えないというわけなのです。でも、だからといって、不要なものを購入することでお釣りが出ないようにする必要があるか? 否。だって、期限は12月31日。一か月の食費が5万だとしたら、一か月で使いきれる量なわけですよ。

 

警告:お釣りが出ないからといって、不要な買い物はしないようにすること!

 

とまあ、使い方のコツってこれだけかよ! って思われそうですが、基本的にはそんなにルールはないんで。プレミアム商品券を使うとポイントがつかないから、ポイントが多い日は使わないようにする・・・とか? あと、商品券なんかの購入での期間ロンダリングは不可能です! とか?

 

あ、そうだ。冊子から切り離さずレジまで持っていきましょう! とかかな。

 

ま、一番大事なのは、無駄遣いは止めましょう! ってこと。


プリペイド式のものって、それ以上の追加出資がないから、何となく使いすぎる人って多いと思うんですよ。12000円のうち、10000万円は実費負担しています! だから、無駄遣いはせめて2000円内に収めるとして、残りは「現金だったら、どういう使い方をするかな」を考えて使用されることをお薦めします! 

 

以上!