D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

「頑張っても報われないのになぜ頑張るのか?」について考えてみた。

スポンサーリンク

頑張っても報われないのになぜ頑張るのか? という問いかけがありました。

kentaroupeace.hatenablog.com

 

 

私も非正規雇用の時代が長く、今もそんな感じなので、一生懸命かんがえました。

 

本当に頑張って考えたんですよ。で答えが出ました。

 

頑張っても報われない場合は頑張らない!!!


すいません。私は頑張れない人間でした・・・。

さてさて、そうは言っても、今まで正社員よりも仕事をする派遣社員だったこともありますし、明らかに不公平な環境に身をおいていたことも多いです。


そんなときはどうしていたのか。

 

自分なりのモチベ設定をしていた。これに尽きますね。

 

頑張っても報われない・・・この場合、報われ方は金銭だけではないはずです。色々あります。ということで、その時々のことを思い出して、何によって報われていたのかを書き出していきます。

 

1・頑張ると時間が過ぎるのが早い

仕事って、やればやるほど時間が早く過ぎるんですね。8時始業で17時終わりだとすると、何もせずにぽーっと過ごすと毎日がなかなか過ぎません。本当に仕事が嫌になってきます。

 

でも、忙しくしていると、気が付けば17時。「あれ? もうこんな時間なの? 今日も早かったわ」ってなります。まあ、一日中ぽーっと過ごしている社員もいましたが、あれは一種の才能ですね。

 

2・能力を向上させて次への足掛かりにする。

なるべく、皆がやりたがらないような難しいことをやるように。
で、基本ノウハウも盗む。もちろん、次のステップのためによ。だから、常に新しいものを追い求めている感覚だよね。

 

仕事のできない正社員とかって、たぶん、そこの会社がつぶれたらいくところないだろうな~って横目で見てればOK。大企業も潰れるときは潰れる。

 

3・ネタにする。

ブラックの薄給で働いている人はブログやるといいよ!!
同じ境遇にある人の共感を得られること間違いなし!

 

でさ、副収入で足りない分を補ったらいいじゃん! あ、私は実践できてないですよ? 儲ける人は儲けているみたい。

 


本当に、報われないのに頑張り続けられる人っているのかな? 私には無理。

「お金プラス何か得られるもの > 頑張り」じゃないと頑張れない。

「お金プラス何か得られるもの < 頑張り」だったら、すぐ辞める。

 

何か得られるものは、余暇だったり、スキルだったり、職歴だったり、人間関係(人脈)だったり、なんかよく分からないけど、色々。

 

基本的に時間とお金はトレードオフなので、今は非正規だけど子どもと一緒にいられる時間を確保しているって思ったら、ここが妥協点だな、という地点で頑張っています。

 

でもさ、「頑張っても報われないのになぜ頑張るのか?」っていう問いかけは、仕事が充実している場合には思いつかない問いかけだし、すべての人が同境遇だったりした場合も、忘れがちな問いかけのような気がするんだよね。

 

だから、「頑張っても報われないのになぜ頑張るのか?」って問いかけが出た時点で、その人はその環境か何かに疲弊しつつあるんだと思われます。もしくは、仕事をしない社員への妬みが発生した、とか。

 

その問いかけに遭遇したときに考えるべきことは、「この場所で頑張り続けるのか」それとも、「どこかで再スタートを切るべきなのか」なのかもしれません。

 

相手に(会社に)変わってもらうのは難しいので、自分が変わるしかないんですよね。

 

ま、非正規なんて要領の悪い生き方しかできない人(私)は、そのへん考えて(もしくは思考停止して)生きていかないとね。疲れるよね。

 

 以上です。