読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

クレジットカードを持っていると借入可能額が減っちゃう!?

マネー デビットカード
スポンサーリンク

 クレジットカードを持っていると借入可能額が減るのか、という質問を頂いたので、答えたいと思います。(id: treve2013さん、ありがとう!)

  

クレジットカードを持っていると借入額が減る?


銀行によって多少違いはありますが、以下の通り。

 

1・クレジットカードやカードローンを持っていたら、現在の借入額がゼロでも、借入可能額は減る。


2・クレカやカードローンを持っていたら、借入額がゼロでも、心証が悪い。


3・クレカやカードローン(銀行・信販系)は大丈夫。でも消費者金融系は持っているだけで貸さない。


4・カード系を持っていても、借入額がゼロなら気にしない。

 

大体こんな感じです。

一個ずつ具体的に説明していくよ☆

 

1・クレジットカードやカードローンを持っていたら、現在の借入額がゼロでも、借入可能額は減る。

クレジットカードやカードローンには枠がありますよね? 100万円まで使えるとかそういった枠が。
クレジットカードを5枚。カードローンを2枚持っていて、各々の枠が50万円だとします。

 

すると、その人は使おうと思えば一気に、350万円の借金をすることができる、ということに。つまり、銀行によっては、その350万円を今現に借入を行っていると見なして、審査するところがあります。「350万円の借入がある人に残りいくら貸せるか」というふうに審査されることになります。

 

ここまで厳しい審査をする銀行は少数派だと思われます。だって、貸したいもん。

でも、その数字は参考にする。それが次。

 

2・クレカやカードローンを持っていたら、借入額がゼロでも、心証が悪い。

「別にカード何枚持っていてもいいんですよ。でも、この人カードいっぱい持っているなあ。借りようと思えば350万円も他で一気に借りられるのか。ちょっと用心しとこ!」
って感じに担当者が警戒はする。というのがここ。

 

こういう金融機関が一番多いような気はします。


まあ、「なんでこんなにカードが必要なんだ? 優柔不断なのか? 大丈夫か?」って不安視はされるので、カードは必要数以上持たない方が無難。必要なもの以外は断捨離しておきましょう。

 

3・クレカやカードローン(銀行・信販系)は大丈夫。でも消費者金融系は持っているだけで貸さない。

「クレジットカードなんて今時、ポイントカードとセットだしな~。カードローンも銀行系ならいい。でも、消費者金融に手を出すのは借金に手馴れている感があるぞ」
と判断するようなところがここ。

 

消費者金融系のカードは全返済だけではなく、解約まで求められます。
住宅ローンを組む時には、消費者金融は解約しておいた方が無難。特に地銀なんかでは。

 

4・カード系を持っていても、借入額がゼロなら気にしない。

「カードあるの? んー。でも残債ゼロならいいんじゃない?」っていうのがここ。
これも、少数派だと思うんだけど。

 

住宅ローンを組むうえでのカードの扱いはこんな感じになります。
クレジットカードは気軽な面もありますが、そういうわけなので、あんまり作り過ぎないように気を付けたいものです。

 

ちなみにデビットカードなら、即時払いカードなんでそんな心配も不要。カードを持ちたいときは、デビットカードをチョイスしてもいいかもしれません。

 

デビットカード関連記事はこちら。 

peticonbu.hatenablog.com

  

peticonbu.hatenablog.com

  

peticonbu.hatenablog.com