D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

子どもなんて考えると産めない。

スポンサーリンク

時折、「子どもが欲しいと思えない」とか「子どもを産む自信がない」とかいった意見をみることがあります。

 
そういう人の話を聞いたり読んだりして、いつも思うのは、「考え過ぎ」ということ。
そんなにいろんなことを考えていたら産めないよね。って感じ。

 

私自身は、特に考えることなく産んだ。
新しい仕事を見つけたところだったし、できれば長く勤めたいな、と思った矢先の出来事。それでも別に後悔しなかったのは、つわりが酷かったから。いろいろ考える暇がなかったから。「あ"~気持ち悪い~死ぬ~」くらいしか、あの頃は考えてなかったね。

 

つわりが落ち着いてからも、特にはなにも考えなかった。ただ、「私はドライな母親になるんだろうな」とは思った。「でも、責任感は強い方だから、子育てはするだろうな」ってな感じで。今では夫に「なにがドライな母親だww」と時折からかわれるけれど。

 

妊娠前も別に特に子どもが欲しいとか欲しくないとか明確にしていたわけではないように思う。「できないかもしれない」とはうっすら思っていた。

 

で、今は第二子がつくれない。考えるループに入ってしまったから。


子どもができたら仕事はどうするの?
そもそも2人育てる経済的な余裕がないじゃないか?
2人を平等に愛することができるのか?
ブログも書けなくなるよ(これはいいか)。

 

こんな話をすると、子どもが多い母親なんかに「大丈夫。なんとかなるもんだよ」なんて言われる。それはそうなのかもしれない。生まれたら何とかせざるをえないから、なんとかなるんだろう。けれど、一旦考え出すと答えは出なくなる。結果産めない。

 

子どもなんて考えて産むものじゃない。だって、いつだって未来は予測不可能だし。障がいがあるかもしれない、すっごくおバカさんかもしれない。「あるべき理想像」を掲げるとどこにもいけなくなる。

 

なんか、ごちゃごちゃしてきたんだけど、わたしが言いたいのはさ、「考えたら産めないんだから、考えるのをやめなさい」ってことじゃないんだよね。そんなの私もできてない。方法があるなら教えてほしい。

 

一旦考え出すと、もう、その答えが出るまではそのループから抜けられない。もしくは、魔がさすか、うっかりやってしまうか、この2つしかない。

 

そういうのを含めて、自分に与えられた分相応なものってあるのかな、って思う。
私が2人子どもを持つ運命ならば、たぶん、どっかでうっかりと紛れ込んでくるんだろうし、そうじゃないならば、このまま3人家族で生きていくことになるんだろうね。

 

なんかそういうことをこちらのブログを読みつつ考えた。

nyankichitter.hatenablog.com

「なにがあれば産めるの?」 うっかりか、魔がさす、かです!

子どもだってそんな理由で産み落とされちゃたまったものでは無いだろう。

 

いやあ、産まれたもん勝ちっしょ!!

 

*私は正直親には疎まれて育ったけど、幼いころはそれなりに辛かったけど、今となっては、「どーも、あざーす!」って思っているよ! 「嫌いなのに育ててくれて、ありがとちゅん♡」ってね! 生まれたもん勝ち!!

 


なんというか、そういう記事を書いちゃう時点で関心はあるんだろうな、とは思われます。私自身もね。そうだから。「第二子? @@@だし、***だし、いらないよ」なんて理由をあげつらっている時点でまだ諦めがついてないよね。本当に関心がなければ、話題にも上らないことでしょう。

 

ということで、私も、にゃんきちったー (id:nyankichitter)さんも、最善の選択(意思の力)か、さもなくば、うっかりが訪れますように。

まあ、いなかったらいなかったでOKということで。流されましょう~。

 

以上!