D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

子どもは捨てられるようにしたらいいんじゃない?

スポンサーリンク

既に赤ちゃんポストなんてものもあるようですが、なかなかハードルが高いので、もっと多くのところで子どもを捨てられるようにすればいいのに、という提言をしておきます。

 

少子高齢化なので、日本の未来のために産めよ、増やせよ。という声が大きいようですが、そういう人たちって、子育ての大変さを知らないよね、って思って。

 

私はたまたますごい暇人で、自分の人生にやりがいも情熱もなかったので、子どもを育てるのがそんなに苦ではないのですが、それでも、毎晩泣き叫ばれて、自分の時間はなく、ごはんもトイレも不自由する日が続いた日には、「助けてくれ」と叫びたくなる日も無きにしも非ず。

 

これが、すごく忙しい人で、「自分の人生の使命は他にもある」てな人だったりすれば、子育てって結構な手枷足枷になるよな~って。

 

子どもを育てたくない、とか、虐待してしまうという人は結構数いるようです。
みんなさ、そういう人に対して、「母性がない」とか「人間としてうんたらかんたら」なんて簡単に言うけどさ、とりあえず、「産んだだけよし」としませんか? それで母親の手に負えないようであれば、社会で育てましょう。そうしましょう。

 

「少子高齢化に悩んでいる」という割には「産んだからには、きちんと育てろよ」となぜか上から目線。


むしろさ「産んでくれてありがとうございます! 後のことはお任せください!」くらい言ってほしい。子どもの数を増やしたいなら、そんくらいのことは言ってほしい。

 

ということで子どもを簡単に捨てられるようにしましょう。
この中には、捨てられた子どもが負い目を感じないようにするという使命も当然含まれます。

 

そして、こっから先が最も言いたいことなんだけれど、「子どもを捨てられる=子どもにかかる全ての経済的負担からの解放」ということですよね?
ということで、子どもを育てている家庭の子育てにかかる経済負担からの解放も同時にやりましょう。そうしましょう。

 

経済的負担がゼロであれば、子どもを産みたいと思っている人は沢山いるはずです。友人と集まるといつもそんな話になります。「自分で稼げよ」って思われるかもしれませんが、限度がありますしね。妊娠・出産のリスクもありますし。

 

私自身も子どもにかかる経済負担がゼロになるのであれば、あと3人は産みます。
ということで何卒よろしくお願いします。

 

以上。