D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

それでも私が新聞を読む理由。

スポンサーリンク

新聞止められたらいいんですけどね。高いし。ニュースサイトでいい、って言いたいのですが、かれこれ10年以上お世話になっています。新聞。

 

私がどうしてニュースサイトなどを使わず、新聞を読み続けているかについてまとめておきます。

 

1・紙が好き。

すいません。本当にアナログ人間で。
本も電子書籍より紙がいいです。線を引いたりできるし。

 

 

2・切り抜きができる。

気になる記事は切り抜くようにしています。
ニュースサイトとか、どのページか分からなくなるので。

 

 

3・並行読みができる。

関連がありそうな記事は並べて読むこともできます。
複層的な理解につながります。

 

 

4・一見興味のない記事も目を通せる。

タイトルだけですけれどね。中身を全部チェックする余裕はないもので。

 

 

5・先に自分の意見を組み立てることができる。

ニュースサイトだと、どうしても先に人の意見を見てしまいます。
すると、自分で考えなくなるということも。だって、頭のいい人が先に答えを出してくれていたら、「へー。ふーん」で終わりますもんね。

 

新聞だと、そういった雑音がないので、先に自分の意見を組み立てることができます。人の意見はそれから。

 

 

6・うんちおむつを包むのに最適。

知ってました? 新聞紙はうんちおむつのニオイ消しに最適です。
実に実用的。

 

小さいお子様がいらっしゃるおうちで新聞取っていない方は、お試し期間をつかって1週間でもいいので新聞をとることをおすすめします。1週間分でも結構もちます(3か月分くらいにはなるのかな? 快便度による)。

 

 

7・ずっとスマホを触っている姿を見せなくて済む。

子どもに、です。ただでさえ、ブログチェックとかでスマホを見ているのに、ニュースチェックでもスマホ見ていたら、子どもから見ると「ママ、スマホちゅーどく」とかそのうち言われるような、そんな気がする。

 

 


という感じです。
なんか、どれも決定打に欠けます・・・。


ニュースサイト派の最大のメリットは「コストフリー」という点なんですよね。年間3万円以上も出して新聞を読むメリット・・・ってなんでしょうか(´・ω・`)

 

ただ、詳しくない身でありながらも、ちょっとだけ懸念しているのは、無料で提供されるニュースばかりになってしまうと、きちんと取材して公平に伝えることができなくなる可能性もあるのではないか、ということ。その場合、メディアは勢い広告収入しかなくなるわけであって、お金にならなさそうな分野については報道されない、といった帰結も考えられるからです。

 

それに、Webライターやっていたときの文章って、新聞とかのリライト案件が割と多かったりしたんですよね・・・。「文章が違えばパクリではない」というのもどうかと思ったりもするのですが、新聞自体が他から出された1次ソースをまとめているだけで独自調査などがない、というのも新聞の価値を下げる一因でしょう。あ、気になるニュースはニュースサイトであれ新聞であれ、1次ソースに当たってみましょうね。

 


そんな感じで今日も私は新聞を読みます。
結局のところ、新聞を読むのは楽しいから、だけなのかもしれません。毎日新書が一冊届くと思ったら楽しくないですか? 本を読むのが好きな方々におかれましては、毎日続き物の本が届くなんて考えたら、結構、新聞には夢がある、と気づかれるものと思われます。

 

 

ということで以上です。