D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

手取り月収22万円ですが、ほぼ専業主婦と住宅ローンあります。

スポンサーリンク

タイトルのまんまですが、手取り月収22万円でも専業主婦と住宅ローンやれるよ~というお話をしていきたいと思います。

 

うちは手取り月収が22万円です。


ほぼ専業主婦というのは、私。

一応知人の自営手伝いはしているので、最近は多少は収入があります。ちょっと前まではWebライターをやっていたのですが、ネットで稼ぐあぶく銭との意識がぬぐえず、娘のおもちゃやらなんやらに全て消えていきました。それも収入と言われたら収入なんですが、一度も現金化したことがなく・・・。(月によって変動が大きいお金を収入と呼べない私はフリーランスが向いてないんでしょうね。とは言っても、月1~最大4万くらいしか稼いでなかったので。)

 

さてさて、では月22万の使い途についてまとめておきます。

 

家計の収支報告

住宅ローン4万
マンション修繕管理費2万5千(これ意外とキツイ。住宅ローンよりキツイ。)
自動車保険5千
ガス・水道・電気・携帯(クレジット)3万5千
新聞4千
おこづかい(夫)1万5千
おこづかい(私)5千
食費 5万
雑費 1万(おむつ、ガソリン等)
貯金 1万2千
病院代 1万
計:21万1千円

*夫は職場の団体保険(死亡保障)に入っています。
*娘は学資保険入っていますが、支払いは今のところ子ども手当で。

 

ガス・水道・電気は小さい子がいるので、あまり節約していません。普通に使う。使わないときはきちんと消す、くらい。
雑費は実はちょっと足りない。娘に「おむつ取れたら、おやつが増えるよ?」と言っているのだが、なかなか。
病院代は、固定費としては2,3千円だけれど、突発的にしかも夜間お世話になることがあるので、一番困った項目・・・。必要な月は2,3万円出ていく。

 

削るとしたら、携帯代。自動車保険も見直し、そして、新聞・・・。

 


「生活苦しいから専業主婦なんてやれない!(いいわよね。ぷちこんぶさんところは収入いいんでしょ(含意とみなす))」と時折言われるのですが、そんなことはないことが上記でお分かりになるかと。

 

単に楽観的なのかもしれません。酒飲みパチンコ好きな父のもとに育った私としては、家では酒を嗜まず、ギャンブルには縁遠い夫をみると、別に大丈夫じゃないかな~なんて思えちゃうんですよね。

 

友人で「生活苦しいから・・」と言う人はどうもたくさん貯蓄をしているようです。あ、そこのあなたです。読んでる~?


私のなかで「生活苦しい」って毎月赤字のことなので、「貯金できているならいいじゃん!」って思っちゃうんですけどね。このへんもハードル低い。

 

まあ、こういう友人をみると、「私ももうちょっと切迫感もって貯金しよう」とちょっとだけ反省するのでした・・・。今の収入は全部貯蓄しちゃおう・・・。そうしよう。

 

ちょっとグダグダと書いてしまいましたが、言いたいことをまとめておきます。

1・手取り月収20万くらいでも結婚はできる!

なんか、「手取り20万くらいで結婚できますか?」って話を時々見聞きするのですが、「なめとんか?」と思ってしまいます(いやん。下品)。できますよ。というか、二人働けば、手取り40万、片方パートでも30万くらいにはなります。大丈夫。

 

2・子どもが小さいうちは家にいたいならいればいい。

私もずっと貯金せずに生活していくわけにはいかないので、そのうちもっと稼げる仕事をします。
ただ、今は娘といたいな、ってところ。なんだかんだあっという間だしね。
収入に併せて、生活も縮小できます。というか、「夫の収入だけの生活に慣れておけば、あとあと楽かな」と思っています。

 

そのうち稼げる仕事・・・と言っても、あんまり無理はしない。体弱いのもあるけれど、大体収入と時間はトレードオフだから。伯母さんとか高所得者なんだけど、子どもたちといれた時間はほとんどない。この辺は、自分で選択しないといけないことだと思います。伯母さんは仕事が忙しいことをあまり言わない。子どもたちにお金を存分にかけているし、生活も余裕がある。自分の選択をきちんと受け入れている。子どもたちと過ごす時間が少ない分、イベントごとには余念がないとか・・・。もう子どもも大きいので、問題ないのですが。一人明らかに愛情不足な人がいるくらいで・・・。

 

 

ということで以上です。
今回の公開を快く許してくれた夫に感謝。
実はうちの家計管理は夫がやっています。私ノータッチ(笑)。
今回は通帳を貸してくれたので、それに基づき記事を作成しました。

 

追記:ボーナスは年に2回、トータルで3か月分ほどあります。
住宅ローン返済で半分くらい持っていかれます。

 

追記2:「夫の収入が少ない」と愚痴る友人やら義姉やらいますが、年収上がっても手取りはそんなに増えません。「年収が低いせいで生活余裕ない」と思っているとそのうち大変がっかりすることになると思います。

 

追記3:うちの夫の給与水準は香川でいえば、真ん中よりちょっと上です(アラサー辺りで)。全国区で言うと低いです。ちょっと中心部外れたら、土地単価も1坪8万とかなんで。居住費は安いでしょう。

 

追記4:ちなみに私のWebライターの収入は以下のものに消えていきました。

 

アールシーエス 遠赤外線輻射式パネルヒーター 夢暖望 880型H

ブロック社 白木流し台 スモールタイプ

東京西川 マットレス シングル AIR 01 ハード ネイビー

 

楽天銀行にお金を入れると、そのまんま楽天市場で消えていくという・・・。Webライターをやめると同時に楽天は卒業しました。さよなら、楽天。そのうちレビューを書こうっと。