D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

何を食べても太らない夫の名言語録。

スポンサーリンク

夫はどれだけ食べても太らない体を標準装備しています。
そんな彼が生活の中ではいた名言を書き記しておこうと思います。

  

1・カレーは飲み物。チャーハンは流動食。

月に1回はカレーをリクエストされる。チャーハンは大皿いっぱいでは足りない。

 

2・久しぶりに人と会うと「痩せたよね?」って絶対言われる。

もう妻として責められている気持ちでいっぱいです・・・。

 

3・体脂肪率二ケタってどんな気持ち?

なんか満たされている感じだよ?

 

4・俺には持っていないものを持っているから君と結婚したんだよ(私の腹肉をつかみながら)。

あなたがデブなら私は結婚していないわ。

 

5・いいよ。夜食ベビースターあるから。

夜、スナック菓子は止めた方がいいと思う。

 

6・麺類は基本3玉ないと足りない。

炭水化物ばかり食うなとあれほど・・・。

 

7・朝出しているのに、どうやって蓄えているの?

魔法が使えるんです。

 

8・俺が食べたもののカロリーは君にいっているんだな。

あなたも魔法が使えるのね?

 

9・(どんぶり茶碗3杯目を食べながら)あ、もうそろそろ腹八分かな?

見ているだけでお腹いっぱい。

 

10・(どんぶり茶碗を見ながら)これ、そんなに大きくないよね? 普通の茶碗じゃない?

どんな家庭で育ったの?

 

11・ラーメンって汁物でしょ? メインにはならないよね。

まあ、はい。

 

12・健康診断、また体重減っていたよ。

ちょっとは努力してほしい。

 

13・大盛を注文すると心配されるんだけど。

そして店員はみた。痩せの大食いの真髄を。

 


こんな感じで夫は今日もガリガリです。
炭水化物好きな夫がなぜ太らないのか本当に不思議。

 

多分だけど、逆にダイエットをさせて、リバウンド効果で太らせることができるんじゃないのかな。どうなのかな? 試したことがある人は教えてください。

 

夫に出会って、ガリにはガリのコンプレックスがあることを知りました。
あと、細くても似合わない服があることも・・・(涙)。

 

そんな感じで私たちは今日もお互いに足りないものを補いながら支え合って生きています。

 

以上。