D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

一緒に勉強したいよね。

スポンサーリンク

子どもが2歳にもなると、結構周囲の子が「英会話行かせてます」とか「知育系の習いごとさせています」とかそんな話を聞くようになる。3歳の子になると、もう公文に通っていたりする。
すごいなあ。教育熱。

 

私はかなり適当にやっているので、そういう知育とか英語とか、まだ全然何もしていない。というか、そんな習い事に通わせる余裕がない。やっぱりそういうの行かせた方がいいのかな? あ、答えはいらないよ。だって、行かせた方がいいって言われても、そんな余裕ないからね。

 

スイミングとかはちょっと気になる。私自身小児ぜんそくがあったし、今から多少気管を鍛えるようなことをした方がいいんじゃないかな、なんて思うから。

 

「今日は英会話で、明日は公文で」なんてお母さんがいるとついつい訊いちゃう最近の質問。
「お母さんは何かしないんですか?」
すると、「もう私は全然。英語もできないし。」といったような返答が返ってくる。
私はそういうの聞くと、勿体ないなあって思う。

 

だって、子どもが英語に通うってことは、ネイティブの先生とかがいる環境に定期的に通うことですよね。
そんな恵まれた環境にあるなら自分もついでに勉強しよう、って思いそう。

 

子どもが勉強するなら、ついでに自分も勉強したい、そんな風に思わないのかなあ。
忙しいのかもしれませんが、ラジオ英会話くらいなら隙間時間にできるし。

 

最近、英語の勉強を再スタートさせました。
ラジオ英会話を聞くくらいですが、時々娘が付き合ってくれます。
絵本替わりに持ってきて読んでくれと言われることもあります。
そして、テキストを隠されます・・・。
10月号どこいったんだろう・・・。

 

NHKラジオ ラジオ英会話 2015年 10月号 [雑誌] NHKテキスト

NHKラジオ ラジオ英会話 2015年 10月号 [雑誌] NHKテキスト

 

 

 

徒然と書き過ぎましたが、言いたいことは一つ。
子どもに習い事させるなら、どうせだから一緒に勉強しちゃえばいいのに!
ってことです。

 

周りをみていると、どうも英語スクールに通わせている人が断トツ多いので、ここはいっちょ親子ともども英語学習を始めちゃいましょう!

 

ということで以上です。