D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

NISAで長期投資はできません。

スポンサーリンク

昨日、NISAで積み立て投資をする人が増えてきているよ~という記事を書きました。
あ、でも、NISAで積み立て投資をするのは基本的にはおすすめしません。
その理由を説明していきます。

 

1・期間が限られているから。

NISAは5年間に非課税期間が限定されています。
そのため、5年以内に利益を出さないと意味がありません。
もし、5年後に資産価格が下落している場合には、非課税メリットを得られないばかりか、その時点で確定した価格から上昇した分に税金がかかるため、損をする可能性が高くなります。

 

例)
100万円の買い付け→5年後80万円→3年後120万円で売却。
利益が40万円として課税される。

 

2・リバランスしにくいから。

長期投資は1年に一回、もしくは数年に一回、リバランス(資産構成の見直し)が必要です。
NISAでは年100万円の枠があり、一旦買い付けたものを売却するとその枠分の復活はありません。(来年からは120万円の枠になります。)

 

例)80万円の買い付け→50万円の売却→残りの枠は20万円。

 

3・理念に反するから。

そもそも論で申し訳ないのですが、長期投資は「目先の価格の上下変動に惑わされずに、こつこつ積み立てることで長期的にはリターンが見込める」という投資法のはずです。
そのため、当初5年間だけ非課税ですよ、というNISAの制度とは相性が悪い。

 

というわけで「NISAで積み立て投資を始めませんか? 口座開設は私たちの銀行で」とかなんとか言ってくる銀行さんは基本スルーするのがよろしいでしょう。


とかなんとか言っているとNISAって全然使い物にならない、と思われそうなのですが、そんなことはありません。

 

NISAやるなら株

NISAやるなら株を買いましょう。
高リスク・高リターン。
投資慣れしている人にしてみたら、NISAほどいい制度はありません(限度額が低いのは難点)。だって儲けた分、税金払わなくていいですからね!
丸どり! やったね!!

 

ということで昨日の記事への補足は以上です。
長期投資やる人は、DC(確定拠出年金)やりましょう!

peticonbu.hatenablog.com

以上。