読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

超適当にかぼちゃプリン・娘のために

スポンサーリンク

以前、かぼちゃプリンが好き、なんて記事を書きました。
好きが高じて、ついに作ることに!!

 

ということでここではかぼちゃプリンの作り方をまとめておきます。
ちなみにきちんと作りたい方は、「かぼちゃプリン 圧力鍋」とか検索するといい情報が出てくるので、こんなところで時間を潰さずに、クックパッドでも覗いていくことをお勧めします。

 

かぼちゃプリンの作り方。

1・なぜ自分でつくるのか?

・安い。
・材料がわかる。
・子どもに食べさせやすい。

 

2・材料

・かぼちゃ
・さとう(きび糖)・・・なんか健康によさそうな茶色いやつ。
・バニラオイル
・牛乳
・生クリーム(なくてもよい)
・卵

 

3・作り方

1・まずはかぼちゃを牛乳で煮込む。
圧力なべで圧をかけて、そのまま放置でOK。

 

2・ちょっと冷めたらかぼちゃを潰す。

 

3・味をみて適当に砂糖を投入。牛乳も投入。
なめらかさを追加したい人は生クリームを投入。
様子を見つつ、適当にいれる。
砂糖は子どもに食べさせてもいいかな? くらいの容量で。
つまり、かぼちゃの煮物をするときくらいの量でいいのかな。

*あ、でも、おとなメインで作るなら「甘すぎる!」くらいのほうが満足いく仕上がりになる。
冷えると甘さが抑えられるから。

バニラオイルはかぼちゃ4分の1に対して2,3滴くらい。

 

4・卵を割ってよく混ぜる。

 

5・卵混ぜたやつと、3で出来上がっているかぼちゃのペースト的なものを混ぜる。

 

6・耐熱容器に入れて、圧力なべにセット。

 

7・圧をかけて2分くらい。あとは火を切って放置。

 

8・ほどほど冷えたら冷蔵庫へ。

 

おしまい!!

 

 

追加・子ども用に作って甘さが足りない場合には、残った生クリームに砂糖を入れてホイップしておく。
そのクリームを出来上がったかぼちゃプリンに程よく足せば、甘さとコクがカバーできます。

 

・・・出来上がったプリンを載せようと思ったけれど、朝全部食べちゃったのでまた今度。

 

ちなみに濾したりすると、もっとなめらかになります。
面倒だからしないけど。

 

以上です。

 

 

*最近「プリン、プリン」とうるさい娘のために安心して食べられるプリンを作りたいと思ったのがきっかけ。

普通のプリンだと、濾したりしないと茶碗蒸しみたいになるけれど、かぼちゃプリンはその過程を省略できるので、普通のプリンよりイージーです! 野菜もとれて一石二鳥!!