D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

2歳児が病気になって困ること。

スポンサーリンク

先日より気管支炎で娘が連日40度の熱を出しております。
寝ようにも寝れず、座薬で熱を下げては薬が切れたタイミングでまた熱が上がる・・・を繰り返していて、どうにもこうにも可哀想なことに・・・。

 

いつもは暴君みたいな娘も、体調が悪いと何やらしおらしい。
私に抱き着かないと寝られないようで、おかげで首のヘルニアが悪化しました。
求められてうれしいやら、可哀想やら、首が痛いやら。

 

私自身、頻繁に熱が40度出るのですが、自分の熱だったら、「なんや、またか」くらいなものですが、娘の熱にはやっぱり驚かされます。「40度!? それ大丈夫なん!?」って。新米母ちゃんなのでかなりうろたえます。
「いや、40度超したら頭おかしくなるっていうんは迷信(?)だったはずだし・・・。私42近く出たけど、頭おかしくなってないし・・・」とか言っていると母に「いや。あんた高熱のせいでそんな変な人間になったんで」とか言われるし。

 

それはそうと、2歳児が病気になるといろいろと困ります。


1・薬を飲まない。
もう無理やりツッコんでます。可哀想だけど。仕方ない。
噴き出して顔とか床とか大変なことになるけれど。
スポイトで口の隙間から飲ませます。
甘い薬なら喜んで飲むのに・・・。

 

2・どこの調子が悪いか言えない。
熱が出ていたら、熱が出ているな、ということはわかりますが、たぶん、頭が痛かったりするんだろうなあ・・・。あの機嫌の悪さは・・・。

 

3・鼻がかめない。
鼻がうまくかめないので蓄膿が心配。
片方の鼻を押して「ふーん! ってやるのよ」と言ってやると「ふーん!」と口で言う・・・。

 

4・熱が下がると退屈しだす。
座薬が効いているだけなのに、熱が下がると遊びたがります。
おとなしくしていておくれ・・・。

 

そんな感じで格闘が続きます。
本当、早くよくなってほしい。

 

冬場はあかんですね・・・。早く春になあれ・・・。

 

以上。