読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

子どもの幼稚園バッグ作ってきました。初心者でも大丈夫だったよ!

スポンサーリンク

子どもの幼稚園バッグ作りました!!

 

じゃーん!!

 

 

 


・・・って載せたら身バレするじゃんねえ。すいません。

 

でも、まあまあうまくできました。
あまりじろじろと見られなければ大丈夫です。
破けたりはしないはずです!!
返し縫もしたし(ミシンが)、しっかり縫ってるし!(ミシンが!)

 

ミシンを使うのは約20年ぶり。小学校か中学校か忘れたけれど、エプロンとか作って以来です。
今回は教えてもらいながらのバッグ作成。恐怖心がいっぱいでしたが、一応気づいたことをまとめておきます。

 

1・ミシンで指を縫うことはない。

いやあ。本気で心配していました。
ミシンで手を縫ってしまわないか、と。
そんな隙間ないですね。

 

 

2・スピード調整ができる。

え? 当たり前?
なんかダダダダダ! って超高速なイメージがあったけれども、ゆっくりゆーっくりやりました。
ゆっくりすぎて逆に肩が凝るくらい。

 

 

3・ちょっとくらい歪んでも大丈夫!

大丈夫? だよね?
服とか作るわけじゃないので。言ってみれば単なる袋なので。
恐るるに足らず。
モノが入れれて、取っ手が取れなきゃ大丈夫。

 

 

こんな感じで、20年のミシンブランクのある私でも作れました。
あの、超不器用な私でも作れるんです!!

 

「おかあさんの手作りのほうが喜ばれますよ」なんて言われて、「くそ。私は不器用なんだよ!!」なんて心の中で悪態をついていましたが、やってみて良かった。

 

未知なこと。自分には絶対不可能だと思えること。そういうのにトライしてみるって大事だと再認識させられました。(大げさ? でも私にとって裁縫ってそんなレベルだからね!)
自分が得意なことも苦手な人にとってみたら、すごくハードルが高いことに思えたりする。そういうのを定期的に確認するのってすごく大事だと思う。今回はそれがバッグ作りだったわけなんだけれども。

 


そんなこんなでバッグを作ってきたわけですが、娘の大好きな柄なので、入園まで死守です!
隠しておかねば・・・。

 


今回は手芸店で教わってつくってきました。
そういう講習会が定期的にあるみたい。
もし、子どもの入園グッズ作りたいけど、自信がないという人はそういうところでぜひ。
私でも(ここ大事!)、作れたから、きっとみんな大丈夫!!!

 

 

ちょっと調子にのってミシンを買おうか検討中。
だって、バッグ以外にもコップ入れとか袋を作らなきゃいけないもの。

 

指を縫い付ける心配がないことはわかったけれど、ミシンが壊れたら(壊したら)どうしよう、という気持ちでいまいち踏み切れない。

これを買えば・・・。

ミシンって安くなったよね。

 

以上。