読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

今売るともう買えないんじゃない? 長期投資をするなら適当にやるべし。

スポンサーリンク

先日こんなニュースが流れました。

www.telegraph.co.uk

簡単に言うと、『「非常に深刻な事態が発生しているのでリスク資産を全部売れ」とRBS銀行が顧客に指示した』という内容。
世界的に投資家はリスクオフ(リスクの高い株式を売って、リスクの低い債券などを購入する)という動きを見せているようです。

 

金曜日には株は大幅に反発したものの、日銀とECBの追加緩和観測を受けたもので、現在のところ株式相場はまだまだ波乱含みということができるでしょう。

 

さてさて、こんな相場状態ですから、素人の個人投資家は手を出すべきではない状態にあるといえるでしょう。私も年始少しだけ売買をしましたが、損キリを失敗していたら、多少は痛い目に遭ったと思われます。

 

株式投資では、欲をかかない。損キリラインを決めておく。というのが、常識となっていますが、長期投資家にいたっては、とりあえず、今の状態は無視です。
世界的に「株は投げ売れ」とか言われても、月々数万ずつの積み立てをしているのであれば、基本的には動じずに買い続けましょう。

 

今退場したら、もう入場できない。

現在株価は17000円弱。
このラインを売りとみるか買いとみるか難しいのではないでしょうか。
リーマンショックの後、数年買い入れを続けている人にしてみたら、17000円でも十分利益が出ています。
NISA制度ができた年から買い入れを始めた人は、やや損をしている状態と考えられます。

今、株を売ったらどうなるか。
長期的に運用しようと考えているのに現在の株価で売ってしまった場合、今後17000円以上では買うことができなくなるのではないでしょうか。
17000円が売りのラインだとすれば、いつになったら買えるのか。
15000円? それともリーマンショックの直後あたりの8000円?
でも、それ以上下がったら?
積立の長期投資は考え出すと買えなくなります。

 

現に20000以上で買えない。

私は20000円で積み立てをやめました。
そして一部解約をしました。(ゆうちょを買いました。)
それ以来、20000円以上では買えません。
現在の投資判断としてはそれでよかったのだと思いますが、さて、じゃあ、いつ積み立てを再開しようかと考えると決まらないんですよね。現在の水準はもう買ってもいいかな、と思うのに、一旦やめてしまうとなかなか決定ができないものです。

 

「売れ!」といった煽りに乗せられないこと。

世の中には、売りをあおることで儲けられる人がたくさんいます。
新聞やネットで「売れ」だと「買え」だの情報が流れることがありますが、情報戦で個人は必ず負けます。
そういった言葉に乗せられないことです。 

peticonbu.hatenablog.com

 

 

ということで、長期投資家は基本的には定期的なリバランスが必要だとしても、相場の変動には流されずコツコツと買っていきましょう。

 

以上。