読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

原油安でどうして株価が下がるの?

経済
スポンサーリンク

以前に原油安の原因について書いてみました。

  

peticonbu.hatenablog.com

 

簡単におさらいをしておくと、原油安の要因は以下の5つ。
・シェール増産
・OPECは減産せず。
・イラクも原油を市場に放出。
・中国の需要減。
・投機筋による売りの加速。

簡単にまとめると、「売りたい人は実需・投機面双方で多いのに、買いたい人は実需面でも投機面でも少ない」ということです。
「需要<供給」の関係から価格の下落圧力がかかっているところ、投機筋が更なる下落を仕掛けるという構図。ただ、今の20ドル台といった低価格は「供給と需要」だけの関係では説明しきれず、投機筋が多分に影響しているといえるでしょう。

 

今の価格動向を簡単にまとめると「ちょっと安すぎ!」です。

 

さてさて、そんな感じで原油が安いというのはみなさん周知のこととなりました。
でも、それでなんで株価が下がるのでしょうか?
「原油安だったら、ガソリンも安くなるし、家計は助かる。日本経済的にはプラスなんじゃないの?」
ということで、どうして原油が安くなると株価が一緒に下がっていくのかについてみていくこととしましょう。

 

どうして原油安が株価下落につながるのか?


簡単にまとめていきます。

1・デフレマインドの定着。

日銀は日本経済の2%インフレを目指しています。
原油安になることによって、ガソリン価格が安くなり家計にはプラス。
でも、家計的にはこうなるわけです。
「もうちょっと待ったら色々安くなるんじゃない?」
つまり買い控えが起こる。
これはインフレとは逆のデフレの発想です。
そんなこんなで家計には優しい原油安ですが、デフレマインドを定着させることで経済の下押し圧力になるのではないか、と懸念されるわけです。
ただでさえ、低成長経済。今デフレに落ち込むと、そこから抜け出すのは容易ではない・・・かもしれません。

 

2・裏にある需要の減少。

投機筋の売りが強いとはいえ、まず背景にある需要減少は見逃せません。
一番大きいのは、中国の需要減退。
中国の経済失速が原油などを代表とする資源価格の下落の原因を作っています。
原油安だから株式市場に影響している・・・というわけではなくて、背景にある中国の景気減速が株式市場に影響しているというわけなのです。

 

3・新興国が危ない?

原油安によって、原油の輸入国は安く原油を仕入れることができてうれしいところですが、逆に輸出国は大変なことになっています。サウジアラビアなんかは、あと5年くらいで国庫が枯渇するのではないか、とも言われています。サウジアラビアと言えば、原油の輸出でもっている国。税金はないし、90%近くが公務員。現在の原油安を受けて、税金の導入をせざるをえないだろうとのこと。国内のガス、ガソリン価格は高騰し、雇用悪化も生じています。
そんな感じでほかにもベネズエラ、クウェート、イラク、ナイジェリアなど多くの産油国が財政難に陥りそうです。そして、財政難は必然的に政情不安に結びつくことでしょう。
中東のISなど、不安定な地域も多く含まれ、経済以外の不安要素を多く抱え込むことになりそうです。

 

4・投資減少で原油価格高騰の前触れに。

1バレル=50ドル以下では多くのシェール油田は採算割れ。
撤退せざるを得ないといわれます。
50ドル以下が長く続けば、油田の開発投資が低迷して、いざというときに価格が高騰する・・・ということがありえます。
当然ながら、原油高騰は日本などの輸入国にはマイナス要素。
ある日急にオイルショック・・・なんてリスクもあるわけです。

 

5・オイルマネーの逆流。

産油国はいままで潤沢なオイルマネーでもって、世界中に投資していました。
原油価格が低迷する今、当然ながらそれらの投資資金は引き上げざるを得ません。
現在の株安は世界中に広がっていたオイルマネーが引き上げられる過程で当然起こる帰結ということができるでしょう。

 

6・シェール関連企業の採算悪化。

大人気のハイイールド債。
そのハイイールド債には、シェール関連企業も組み込まれています。
そのハイイールド債が破たんしたら・・・。
ハイイールド債を組み込んだ投資信託は数多く、大きく影響があるものと考えられます。

 

 

とこんな感じで「ガソリン安いぞ~! やった!!」と単純には喜べないというわけです。
ちなみに現在の原油価格は需給からするとやや売られすぎ。
1バレル=50ドルくらいには戻ってくるだろうといわれています。
長期で保有できるのであれば、今が買い時かもしれませんね。

ということで簡単ではありますが、原油安が株安につながる理由については以上です。

 

こんな記事もあります。

 

peticonbu.hatenablog.com