D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

1文字=0.1円って何を求めているの?

スポンサーリンク

昨日クラウドワークスで仕事の依頼が来ていました。

 
どんな内容かな? と思って開いてみると、「500文字=50円」。
「ぷちこんぶさまの経歴を拝見して、お力になっていただきたく…」なんて書いてあったけれど、甘く見られたもんだぜ。1文字=0.1円だと? いったい何を要求しているというのか。

 

時給=1000円と考えれば、1時間で1万文字書かなければいけない。

1時間1万字が可能かと訊かれたら、まあ、不可能ではないでしょう。ただ、内容の保証はできない。もちろん、調査時間なんて取れないし、今あるデータだけで処理をする必要が出てくる。
数字だって間違えるかもしれないし、日本語だっておかしな点が出てくるかもしれない。推敲する余裕もないなあ。

 

それでも評価は自分のもの。

そんな感じでめちゃくちゃな文章が出来上がっても、「こんな格安の単価設定する方がおかしいんだ! バーカ! バーカ!!」って言ってみたところで、つく悪い評価は自分のものだし、結局、真面目に取り組まないと、損をするのは自分…という悲しさ。

 

クライアントは何を求めているの?

1文字=0.1円。調査も推敲も不要(?)。クライアントは一体どんなものを求めているだろう。本当に不思議。とりあえず、文章であれば何でもいいのか。ゴミを集めているのか。

 

とりあえずやらぬが吉。

そんな感じで、虫の居所が悪いのも手伝って、イライラしてしまったのですが、スルーしちゃえばいいだけなんですよね。なんか言って返してやろうかと思ったのですが、気力を無駄に消費するだけなので、ブログに愚痴ってしまいました。

 

最近はああいった低単価のクライアントはあまり見かけなくなったなあ、って思っていたのですが、目につかないだけで生息していたのですね。どうせ引き受けないのに、目に入るだけでイライラしてしまうので、どうにかならないものでしょうか。クラウドワークス退会したらいいのか…。

 

以上。