読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

「2人目が欲しい!」に踏ん切りがつくまで。(一応)

スポンサーリンク

ちょっと愚痴(?)要素大目です。

 

娘も3歳になり、トイレやら何やら手がかからなくったころやってくるアレ。そう。2人目が欲しい病。

 

と言っても、うちは、夫が「一人でいい!」と断言して憚らず、子どもは1人では作れないので、仕方ないなっていうところで。ま、仕方ないよね。

夫とも話し合ったけれど、やっぱり決意は固いそう。
自分の時間が無くなるのが嫌。今ですら金銭的にいっぱいいっぱいなのに、これ以上は無理。子育てにはお金がかかりすぎる。というのが彼の立場。

私としては、自分の時間がないなんて、ほんの数年のことだから耐えたい。金銭的には子どもがもう少し大きくなったらフルタイムで働きに出るから大丈夫。っていう感じ。

でも、現状、夫の稼ぎに大きく依存した家計だし、自分の時間がなくなるのが嫌、っていうのも裏返してみれば、子育てを私に丸投げせず、きちんと参加してくれている証左。あとは、私がフルタイムで働くことに懐疑的な夫。なんせ体弱いからね。出産後の私の不調で相当な負担だったようで、それを再現するのも嫌みたい。そこまで言われたら、私もぐうの音も出ない。

体が弱いのは昔からで、自分のせいではないと思うのだけれど、感情論は感情論として、事実は事実として処理すると、それは結構な負担には違いないので、どこに原因を求めたところで仕方ないことで。

確かに子育てにはお金がかかる。一人にかかる費用って言われている3000万円だって出す用意はないし、それを×2とか絶対無理だな。

だから、今はこう思うようにしている。
将来、娘が子どもを多く持ちたいと願ったときに、援助してやれる親であろう、って。
正直なところ、結婚当初は、「親にはまったく頼らずやっていこう」って思っていたけれど、出産後の不調で母にはひどく世話になったし、もしお金があるものなら出してほしいとすら浅ましくも思う。

ま、娘が子どもを持ちたいと思うかどうかはわからないけどね。
そんなところで気持ちの折り合いをつけた、っていう話なだけで。

それにしても、健康。健康が欲しいな。昔は「健康だけが取り柄です!」なんてことを言う人をよく見かけたものだけど、健康があれば、なんでもできるよ。お金だって稼げるよ。まったく。

以上。