読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

注意! 「相場下落時にこそ儲けられる」誘惑メール、あなたにも届いていませんか?

スポンサーリンク

「相場下落時にこそ儲けられる!」
「株は売って儲けることができる!」
なんてメールがイギリスのEU離脱発表以降、わんさかメールボックスに溜まっていっています。
証券会社から…が多いのかな。

 

なんていうか。うん。まあ、そうだよね。そういう方法もあるよね。
って思うんですけど、なんだかなあ、って気もするので、まとめておきます。

 

相場下落時に儲けられる方法って?

大きく分けて二通りです。
メールでお勧めされている方法は、「空売り」という手法のやつ。
もう一個は日経平均などの指数と逆の動きをするものを買うという方法。
逆の指数を買う方法についてはこちらにまとめてあるので、参考にしてください。

peticonbu.hatenablog.com

ここでは、「空売り」についてメインで話を進めていきます。

 

空売りとは?

空売りとは、持っていない株を借りて売る、という株取引の方法です。
例えば、A株を売りたい! けど持っていない、とします。
そのとき、A株を借りてきます。そして売ります。売った時点の値段が1000円だったとしましょう。1000円手元に残ります。
次に借りた株は当然返さないといけません。ということで値段が800円になったときに買い戻しましょう。すると、手元にあるのは、A株と200円。
A株を返すとして、200円が手元に残るというわけです。
これが空売り。
株価が下がるときに儲けることができる手法です。

 

空売りは株の初心者はやっちゃダメ! な理由。

空売りは損失が限定できないから、です。
先ほどのA株の例を見ましょう。A株を借りて売ったとき、A株は1000円になりました。
さて、値段がさがったら買い戻そう。おや、おかしいぞ。
株価が上がりだしたぞ。うわー!! 10000円になってしまった!
…となると損失は9000円です。
A株を普通に購入すれば、もし紙屑になったとしても、損失は1000円に限られるのに、空売りであれば、値段はどこまで上がるかわかりません。だから、空売りをするのは難しいのです。

 

今の方向性が見えない相場で空売りを勧めることに唖然とする。

空売り自体は悪いことではありません。ちょっと判断が難しい手法だとは思いますが、空売りが存在することで、市場全体の取引に厚みが生まれるからです。
でも、今現段階で空売りを知らないひとに空売りを勧めるのはどうなのかな? 
正直、今の方向性が見えない相場では、よっぽど手慣れた人と長期で積み立て投資をしている人以外は手控えたほうが賢明です。
私は以前相場下落時に儲けられるETFをお勧めしましたが、今の相場で買うことはあんまりお勧めしません。スリルを味わいつつ勉強したいのであれば、止めたりもしませんが。

 

売ってそんなに儲けられるなら、おたくがやればいいじゃない?

証券会社から「今売ればいいですよ!」とメールが来るたびに思うのは、そう思うなら御社がやればいいじゃない? ってことです。
儲かるんでしょ? どうぞお好きに取引してください。って。


そんな感じで最近のメール攻勢をみていました。
同じようなメールを受け取っている株取引初心者の皆様におかれましては、冷静な判断をすることをおすすめします。

以上。