D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

人間にしかできない領域を知るためにもAIを少しは齧ったほうがいいと思う。

スポンサーリンク

いつも購読しているブログにて、このような記事が上がっていました。

shiromatakumi.hatenablog.com


AIがWebデザインをしてくれるとのこと。
Webデザイナーも仕事がなくなるかもしれない、ということ。

こうゆう不安を煽るようなやつはですねえ・・・。


どんどんやってほしい。

 

今、一応(逃げ腰)、AIの勉強をしています。って言っても、超基礎のところで数学をやっているだけなんだけれど。
誰か、興味関心を共有したいな、って思っても、リアルには誰も話をする人がいません。田舎だからかもしれないけれど。
だから、「AIに仕事取られるかもしれんぞ」という危機意識がもっと広がって、「じゃあ、AIの勉強しよっと」と思う人が増えると嬉しいな、と思う次第です。(ぼっちの願望)

それはそうと、AIの話が出ると必ず出るのが、「仕事は減る。けれど、人間しかできない領域は残される」といったもの。
これは確かに事実だろうな、と思います。私もちょっと齧ったながらに、ぼんやりと「AIが人間の労働すべてを代替するのは今のところ難しいんじゃないか」とおぼろげながら感じています。
きちんと言語化して、その感覚を説明するのは、ちょっと今の私のレベルでは難しいのですが、実際に興味を持って、色々と調べてみると分かると思います。

だから、「AIに仕事を取られるかもしれない」と考えた時に、「まあ、人間の仕事も残るから大丈夫、大丈夫。」という楽観的な人も、「え、仕事なくなるの? どうしよう…」という悲観的な人も、どっちにしても、ちょっとくらいはAIについて調べて勉強してみてはいかがでしょうか。
根拠のない自信も不安もどちらも身を滅ぼしかねないのですから…。(単に話相手がほしいだけ)

ということで入門にはこちらがお勧めです。 

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

 

 

以上。

 

追記)昨日友人に「AIに仕事取られそうだから、AI勉強することにした!」と言うと、「飛躍したねえ…」と言われました(´・ω・`)