読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

娘が大学を4か月で辞めてブロガーになる!と言ったならば…。

雑記
スポンサーリンク

と割と深刻に悩んでしまったので、ちょっと思ったことをまとめておきます。

 

元ネタ

www.ishidanohanashi.com

これ読んだ直後は、「まあ、人生一度っきりだし? やってみたいことやってみたらいいんじゃない?」
って思いました。で、終了。

 

だったはずだったのですが、ちょっとしてから、「これなあ。もし娘が将来言い出したらなんて言うべきかなあ…」なんて思い出しまして。
こういった記事に自分をそのまま重ねることなく、子どもを重ねてしまうあたり、歳を取ったなあ、と感じます。娘、3歳ですが。
でも、将来的に「レールに沿った人生なんて嫌だ!」って言いだす可能性は十分あると思います。だって、これって結構たくさんの人が一度は考えることなんじゃないかと思うから。

ということで真剣に考えたアンサーがこちら。

 

やめとけ。

 

いや違うかな。

 

やりたいなら並行してやれ。

 

かな?

 

私は現在一応ブロガーですが、自分にブログが向いているかどうか、というのは片手間にやってみるだけで分かると思います。現在、パートタイマーで就業し、子育てをしつつのブログなわけですが、私は専業ブロガーは向いてないな、と感じています。

 

私の夫も文章を書いたりしたことがあるのですが、どうも向いていないので(文章がくどすぎる)、もし夫が「専業ブロガーになる!」と言ったならば、止めます。並行してやるなら、やったらいいとは思うのですが。

 

そんな感じで、どうしてもやりたいなら、大学生活と並行してやってみて、自分の才能を見極めたほうがいい、とアドバイスすると思います。それで波に乗れるようなら、そのとき大学についてはどうするかを考えたほうがいい。

 

もう一つは、純粋にもったいない。
もったいないというのは、大学の入学金とかそういったものじゃなくて、一回しか得られないであろう新卒切符を手放してしまうこと。

 

ブロガーっていつでもなれるんですよね。
実際私も、銀行就職して、転職もして、病気したり、妊娠したりして普通のサラリーマンをやめました。
で、このブログってそのネタが結構いっぱいあります。
今まで働いてきた中で得た知識。考え方。
大学時代に学んだことも、活きている(いや、どうかな…。)。

 

私と同じアクセス数くらいで3倍も4倍も稼いでいる人を見ると、「やり方まずいのかな~。もっとブログを真剣に取り組んだほうがいいのかな~」って思う日がないわけでもないけれど、今は、プログラミングの勉強もしていて、時間が取れない。だから、こう思う。
「プログラミングやってみて、また可能であれば、フルタイム復帰して、2,3か所失敗挫折してから、またブログやればいいか」って。

 

新卒切符は一度しか手に入らないし、一度は使えるなら使ったほうがいいと思う。私自身、本当は手放したくなかったし、健康だったら、手放さなかっただろうけれど、手放しちゃったから仕方ないので、ブログネタにするしかない、って感じで。

 

そんな感じで、一旦就職した方がブログネタも増えたりするし、そっちの方がいいんじゃないか、と思う次第です。

 

と、ブログを自分がやっているから、こんなアドバイスもできるけれど、ブログ以外だったら、どうしたらいいのかな…。
自分が経験してないことはわからないから、もう「頑張れ。」と言ってやるしかないのかな。
まあ、それでも、一旦大学に入ったのだったら、「一度決めたことはやり通せ」と言ってやりたいところではあるのですが。そのへんはケースバイケースで臨機応変に対応したいところです。
そのときは相談しますので、みなさんよろしくお願いします。(娘、現在3歳)

 

以上。

 

追記。ブロガーじゃなくて、Webサービスを作るらしいです。
それなら、全く未知の分野というわけでもないから、きちんと事業計画聴いてから…って感じでしょうか…。休学してやる、とかならありだと思います。
id:shiromatakumi さん、ご指摘ありがとうございます<(_ _)>