読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

2016年の銀行リテール力調査、首位は初の三井住友銀行。

スポンサーリンク

去年記事を書いてから、もう一年経つのか…というのが私の感想でして、そんなことどうでもいい、って感じでしょうが、今年の銀行リテール力調査の結果を受けての感想は去年と同じです。

 

では、20位までの銀行をピックアップしておきます。
1・三井住友銀行
2・りそな銀行
3・池田泉州銀行
4・埼玉りそな銀行
5・横浜銀行
6・みずほ銀行
7・スルガ銀行
8・三菱UFJ信託銀行
9・三井住友信託銀行
10・千葉銀行
11・新生銀行
12・三菱東京UFJ銀行
13・京都銀行
14・イオン銀行
15・足利銀行
16・あおぞら銀行
17・近畿大阪銀行
18・福岡銀行
19・伊予銀行
20・八十二銀行

リテールというのは個人向けってことです。
住宅ローンやカードローンなどの融資だったり、投信だったり、預金だったり、そんな個人の金回りのお話を持ってくる人たちがリテール担当です。

 

わが県が誇る114銀行はどうだったかというと、なんと100位です。どうせなら、114位を取ってほしかったのですが、どちらにしてもお粗末で・・・。
ちなみに香川銀行は50位。114銀行の半分。
なんか、「第一地銀は偉そうにしてこそ価値がある」なんてことを宣うおじさんもいたりして、なかなか時代錯誤甚だしい気がしないでもないのですが、個人的に窓口に行っても、(私のような小口預金者に対しても)香川銀行のほうが対応はいいので、ある程度は、この調査って的を射ているのかな、と。思わなくもない。でも、対応に当たった担当者の当たりハズレもあるから、あてにならない、ってこともあるのだろうけれど。

 

そんな感じで、今年も「どうせ持ち回りでしょ」とか色々言われているリテール力調査。
みなさんの実感通りかどうか、最寄りの銀行でお確かめになってください。

以上。

 

ちなみに去年の感想文。

peticonbu.hatenablog.com


本当にただの感想なんだけれど、こうやって思い出すことができるから書いててよかったな、って。だから今年も書いた感想文。
みなさんも書いておいてはいかがでしょうか。来年楽しいよ?