D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

獣医って儲からないんだね…。動物病院は意外と安い。

スポンサーリンク

私、勝手なイメージで動物病院(獣医)ってかなり儲かる仕事だと思っていました。
動物専門とはいえ、医者だし。特殊技能だし。
人間より小さい分治療は難しそうだし。

 
そして、動物病院ってめっちゃ高い! というイメージでした。
実家の犬が重たい病気になったとき、一回の診療に1万円くらい軽くかかって、お金が飛んで行ったので、ペットの病気は保険が効かない分、大変なんだな…と。

実際、猫が病気になって病院に大変お世話になるようになってからは一転「獣医って儲からないな…」と。
しかも、動物好きでなっている(と思われる)だろうに、動物(患者)にはめっちゃ嫌われるし、なかなか報われない仕事のように思えます。

どうして獣医が儲からないと思ったのか、ちょっと書いておきたいと思います。

 

1・人間と基本料金変わらない。

動物病院ってすごい高いと思っていたのですが、基本的には人間が病院にかかるのと変わりません。
大体一回2000-3000円ほど。注射一本1000-1500円ほど。
血液検査も、検査項目の数によりますが、大体6000-10000円ほどでしょうか。
もちろん、罹患した病気によるのですが、すごく高すぎる! ということもなさそうです。
(とは言っても、ほぼ毎日通うような状態において病院代はかなりキツイです…。人間のように高額療養費制度なんてものはないし…。血液検査は定期的にしないといけないし…。注射は何本も打つ羽目になるし…。)

 

2・健保などがないので、窓口の料金だけ。

人間の病院だったら、窓口で3000円払ったら、3割負担なので、残り7000円は健保から入ってくることになります。
でも、動物病院だったら、窓口負担だけ。それだけ。
人間と基本料金が一緒であるならば、犬猫だと、同じ時間診ても実入りは3分の1にしか過ぎない…ということになります。

そんな感じで動物病院はあんまり儲かっていないんじゃないかな…という印象。
もしかしたら予防接種とか去勢手術とかは病気価格より高いのかもしれませんが…。

そんな感じなので、生活は苦しくなりましたが、なんとか破たんするまでは追い込まれずにやれています。

こんな話を実家の母としていたら、「人間の病院がぼったくりなのよ!」と言っていました。実際のところは知りませんが、どうなんでしょうね。

そんな感じですが、私が今一番尊敬している人は、うちのP子が世話になっている獣医さんです。
休みだろうが、時間外だろうが、すぐに応答…。説明は丁寧だし、P子の容態が落ち着けば一緒に喜んでくれるし…。
私は結構体が弱く病院はいつもお友達状態なのですが、こんなに医師を頼ったことも、頼りにしたことも、頼もしく思えたことも、今までにありません。

大きな声で「○○病院めっちゃいいよ!」と言いたいのですが、混むと嫌なので、堪えています。いや、でも人に訊かれたら推しますけどね。そのうちひたすらレビュー記事的なものを書きますけどね。P子がもうちょっと病院から離れたら…かな。

動物病院がすごく高い! と思っている人、実は人間とそんなに変わりませんよ~ということを頭に入れておきましょう。
ペット保険もそのうえで加入の有無を決めることをお勧めします。

以上。