D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

お尻を手で拭けるかもしれない。

スポンサーリンク

以前、子ども二人育てるためには、年収が650万円なければならないという記事を受けて、このような記事を書きました。

 

peticonbu.hatenablog.com

読むの面倒というあなたのためにまとめると、「年収650万円ないのに子どもを2人そだてるのであれば、尻を手で拭く覚悟で臨まねばならない」というお話です(ちょっと違うかもしれんけれど)。

そして、その記事を書いたときに私は思っていました。
「私は(夫含む)、何があっても尻を手で拭くことはできないだろう。だから、子どもは一人しか育てられないんだ」と。

今、猫(P子)が病気をして、医療費のため家計は火の車です。

 

そして、思うのです。

 

意外と私我慢できるやん! と。

というのは、あらゆるものを切り詰めているからです。
まず、
お菓子をやめました。
食費も切り詰めています。
週末恒例の外食(うどんだけど)もやめました。
娘のお菓子も我慢させているし、あれだけ嫌がっていたのに夫もお弁当を持っていくことを了承。
Amazonで「必要か必要じゃないか微妙なもの」を買うのもやめました。
病院へも行っていません。(私)
来月には多少不便になろうとも、携帯は格安のものに切り替えます。
(来月ってもうあと2週間やん! Mineoにしようと思っているんだけど、大丈夫だよね??)

まあ、なんというか…。ほとんど食費ですね!!

人間いざとなれば、なんとでもできるもんなんだな~。と思いました。
よく生活レベルは落とせない…とか言いますが、なんとかできそうじゃないですか。
育ち盛りの娘には栄養を取らさねばなりませんが、稼ぎ頭の夫もきちんと食べてもらわないといけませんが、私はよくよく考えれば過栄養です! ちょっとくらい抜いても大丈夫といったもんです。

とはいえ、病気の猫と人間は違います。
人間だって、健康で生まれるとは限らないし、猫は学費がかかりません。

だから、比べるのは変な話ではあるのですが、単に「いざとなれば、尻を手で拭くくらいできるのかもしれない!」と思っただけです。
そして、これは思った以上に自信につながります。

この間母に「猫介護してみて、私って意外と介護とかいけるんだなって思ったよ! お母さんの介護も任せておいてね!」というと、「猫みたいに軽くないで」と言われました…。
まあ、そのへんはちょっと痩せておいてもらう、ということで。(あと猫は口がきけないから人間の介護よりは楽です…。文句言わないもん。)

そんな感じで、猫介護は続きます。

ああ、あと、「子どもがもう一人欲しい」と思っていた時は、「ないもの」ばかりにこだわっていた気がします。猫介護を始めて、私は「今までって幸せだったんだな~。家族も大きい病気の人はいなかったし…」とちょっとわが身を顧みました。反省です。

先週までは、泣きながら片づけをしていたのですが、今週は多少慣れました。
発作にもうろたえないし、発作の片付けも慣れてきました。
こうやって、ブログを書く時間も仕事に行けない分、逆に増えました。
そろそろ勉強も再開させたいところです。

仕事に行けないと、リアルに尻を手で拭かないといけない生活になりそうなので、そこだけはなんとかならんといよいよ詰みます…。

 

ということで、人間いざとなると切り詰められるんだな、というお話でした。
多分、誰でもそうなんだと思います!
年収650万円なくても、子ども2人いけるんじゃないでしょうか。

以上。

ということですが、引き続きお情け募集中…。

amzn.asia