読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

久々のクラウドワークス。過去のトラブル。そして今の落とし穴…。

雑記
スポンサーリンク

お久しぶりです。
クラウドワークスで文章書いていたら、ブログ書けないスランプに陥りました。

 

クラウドワークスとは。

クラウドワークスというのは、在宅で仕事ができるサイトのことです(という認識でいいと思うのですが)。普通に在宅で仕事をしようと思ったら、見知らぬ他人がきちんとお金を払ってくれるのか、成果物を持ち逃げされるんじゃないかという不安があったり、「最初にこの機器を買わないと仕事ができません」とか言われて、高額なPCを買わされたり、そういった悪質な商法に引っかかったり、といった不安がありますが、クラウドワークスを通すとそういう心配がありません(報酬は前払いでクラウドワークスにプールされ、作業が終了したら、クラウドワークスより支払われます)。

 

最近は「きちんとした成果物あげないから、損害賠償請求起こすぞ」という脅迫で文章を持ち逃げする人たちもいるらしいので、クラウドワークスだからといって完全に安心というわけではないようですが。私も以前、「損害賠償起こすぞ」って言われて、大幅にディスカウントしたことがあります。

 

今考えると「あれって騙されたんだなあ(´・ω・`)」って思えるのですが、初心だったあの頃は「私の文章があかんかったんやな~」って反省して、かつ怯えていました。「訴えられたらどうしよう」って。コピペとか虚偽とか書いてないので、どう訴えられても大丈夫だったんですけどね。いきなり法律用語突き付けられるとびっくりしますよね。

クラウドワークスといえば、そんな感じです。

 

ブログ書けないスランプ。

クラウドワークスの文章作成といえば、自分のカラーを消す必要があります。だから、無駄な間投詞とかいらないし、個人の感想なんていらないし、「ぶっちゃけ、その金融機関で借りるより、こっちがいいですよ」なんて誰も求めていないし。そういうわけで、誰が書いても同じことになりそうな解説文、説明文を延々と書き続けた結果…。

 

私、どんな文章書いていたっけ? という事態に。

 

ブログを書いては、アレ? この文章いらなくない? とか思い出すと消して、また書いて、を繰り返していると、何にも書けなくなっていました。

 

じゃあ、もう仕方ないよね。ブログはもうやめちゃおっか。クラウドワークスはお金になるし…とか思っていたのですが、「ああ、そうだ。『ブログ書けない』もブログネタやん」と思い直して戻ってきました。ただいま。

 

文章の構成も気になる病に。

さて、ここまで書き上げて、「今一番伝えたいことはなにか、そして、それを伝えるのにこの構成で大丈夫か」なんて思うと、完全アウトですよね。
むしろ、「クラウドワークスで損害賠償請求されるって言われた!! どうしたらいいの?」みたいな記事タイトルで構成しなおそうと思ったりして悩んでいますが、それやったら、また「ブログって何? もう書けない!」ってなりそうなので、やめときます。誰かに「具体的に何があったんですか?」って訊かれたら改めて書こうと思います。

 

そんな感じでブログ久々ですが、やめていません。
よろしくお願いします。

 

以上。