D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

英語力とプログラミング力を向上させることにしました。

スポンサーリンク

機械学習やりたいな〜なんて夢見つつ、早一年が経過しました。

 

3歳だった娘ももう4歳。
いろんなことができるようになって、「成長早いな〜」と感心する一方、私は全然成長していません。

さてさて、そんな私ですが、最近腹を括って、プログラミングの勉強を始めました。一つはこの間お知らせした通り、swift。アプリ開発をしようと思っています。もう一つは、python。機械学習やりたいとなると、一番良さそうなやつです。この一年も必要に応じて、ちょこちょこつまみ食いはしていたのですが、やっぱりきちんと最初からやったほうがいいよな、と思いまして。

 

ということでコレ。 データクエストです。

Dataquest

データサイエンティストになるために必要なプログラミングを総合的に学習できるサイト。日本語はありません。
無料で受けられるものと、Basic(有料)とPremium(有料)があります。

 

今はまだ無料でやれるやつをやっている状態ですが、そのうち課金すると思います。

現状、プログラミングが・・・というよりも英語力に難ありな感じです。 難しい文法も表現もないんだけど、なんていうんだろう。飛ばし読みができないんですよね。

 

日本語だと「こうきたら、こうくる」みたいな予測が大部分出来上がっているので、しっかり読むべきところと軽く読めばいいところの選別が容易なのですが、英語だと、頭を常にフル回転させないといけない感じ。翻訳とかするならそれでいいのですが、目的は別のところにある場合には、これでは効率が悪すぎます。

 

じゃあ、日本語でプログラミング学習をするか、と訊かれると、正直この歳で(32歳)で職業プログラマーになれるか、と考えると、無理な気がしますし、日本語でプログラミングをやると得られるものがプログラミングスキルだけになるので、モチベーション的にはイマイチです。 ということで、ここからはプログラミングと英語、両方やっていこうと決めました。 目指すは英語でも、軽く飛ばし読みができるレベル。

上記紹介したDataquestは、data Analystとdata scientistとdata engineer と3つのコースを選択できます。私はData Scientistを選びました。途中で変更もできます。 中身は、Python の基本的な使い方から、numpy,pandasなどの使い方、最終的にpremiumまでいくと、Natural Language Processing など結構専門的なところまで学習できそうです。実際には、まだ無料コースなので、中身は見れていないですが。 無料コースだけでも、pythonの基礎は十分学べると思います。 ということで、一緒に励ましあいながら頑張れる人を募集しています。

 

以上。

 

一緒にData Questやりませう。

Dataquest