読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

投資をする前に考えておくべきこと。そして株のメリット・デメリットについて知っておこう。

投資
スポンサーリンク

f:id:peticonbu:20150614034528j:plain

株に投資する前に考えておきたいことは、自分がどれだけのリスクをとることができるか、でしょう。一般的に言われることは、投資は余裕資金でしましょう!ということです。

 

 

投資は余裕資金で。

 

まあ、給料日に今月の生活費を投資につぎ込むなんてことはもっての外ですが・・・(自己責任でする場合には止めません)。キャッシングやカードローンで借りたお金で、一発ドカン!なんていうのも止めましょう。退職金を全部つぎ込む、のもNGです。

 

生活費や今後かかる教育費など、必要な資金をきちんとキープした上で余裕資金で行うようにしましょう。退職金などであれば、例えば2000万円ある場合、例えば最初は200万くらいから始めるのが丁度いいくらいでしょう。

 

というのは、投資はリスクが付き物だからです。
投資でいう場合のリスクとは、危険という意味ではありません。値上がりや値下がりなどの変動がある資産のことをリスク性商品と言います。


株はまさにリスク商品。値上がりすることもあれば、値下がりすることもあります。長期で投資する場合であれば、一時的な価格下落を気にすることはないのですが、資金需要が発生した場合には、すぐに現金化する必要があります。その現金化するタイミングで値下がりしていたら、大きく損をすることになるでしょう。

 

余裕資金で投資をしていた場合には、短期的に値下がりしても慌てることはありません。じっくり待って株価回復を待つこともできます。けれど、必要な資金で投資した場合にはそういうわけにいきません。損をしようが何しようが売るときは売る必要が出てきます。余裕資金以外で投資をするということは、そういった無用のリスクを抱え込むということにつながるわけです。

 

値下がりしたようなときにも慌てることがないようにするためにも、投資は余裕資金で行いましょう。

 

 

株式投資のメリット・デメリット

 

株を投資することにはメリットとデメリットがあります。

まずはメリットから。

 

株式投資のメリット

配当や株主優待がもらえる
値上がり益を得ることができる
経済に詳しくなる

 

株式投資をしていると、当然のことながら、買った株の配当や株主優待をもらうことができます。好きな企業の株を持っている場合などは株主優待ほど心躍るものはないでしょう。株主優待欲しさに株式投資をしている人も多くいます。持ち株が増えていけば、夢の配当金生活を実現することも望めるのではないでしょうか。

 

また、投資している会社の株価が上昇したときには売ることで儲けることができます。金銭的なプラスも嬉しいところですが、自分の見る目・先見性を素直に感心することができる瞬間です。「企業分析した感じ、あの会社はやると思っていたんだよね」なんて踏ん反り返ることができます。

 

株式投資のメリットとして一番大きいのがここでしょう。株式投資をしていると、個々の企業業績にプラスして、日本の経済情勢や世界の経済情勢に詳しくなることができます。自分のお金がかかっていますからね。必死度が違います。多くのことを株式投資から学ぶことができるでしょう。


株式投資のデメリット

値下がりすることもある
中毒性が高い

 

株式投資のメリットが値上がりで儲けられることであるのならば、逆もまた真なり、です。デメリットは値下がりリスクがあることです。値下がりしたときに手放すことを与儀なくされれば、損失が確定します。手放さない場合にも、不安で眠れない夜があるかもしれません。

 

余裕資金で投資している場合には、どっしり構えて株価回復を待つのもいいでしょう。ただ、倒産などで投下資金がゼロになる可能性もあります。株価下落が一時的なものなのか、損切で確定した方がいいのか、企業分析・経済分析力が問われるところです。

 

株式投資のもう一つのデメリットは中毒性が高いことでしょう。ずっと株価チャートに張り付いているような人もいます。デイトレーダーとかは仕方ないですが。健康を損ねないように気をつける必要があります。

 

以上です。投資をするときには資産配分をしっかり考えて、投資のメリット・デメリットを抑えたうえでスタートするようにしましょう!