D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

キッチン入り口が斜めでも大丈夫! 自立式のベビーゲート!

スポンサーリンク

うちのキッチンは入り口が斜めになっています。だから、壁に突っ張り棒を当てるようなタイプのベビーゲートだと設置できないんですね。だから「どうしようかな」と思ったのですが、自立式のベビーゲート「おくだけ とおせんぼ」でスッキリ解決。

 

ということで今回は「おくだけとおせんぼ」をお薦めしていきます!

商品はこれ。

日本育児 おくだけとおせんぼ ブラウン 対応幅77~95cm×奥行き65×高さ60cm(展開時) 5011003001 6ヶ月~24ヶ月対象 おいてまたぐだけのお手軽ゲイト

この前面に突き出している部分に子どもが乗ることで、ゲートが倒れなくなる仕組み。板の端はなだらかになっているので、つまづくこともない。ここに立てってお茶を受け取ったりしている。

 

ということで買って良かったことをピックアップしていきます!

 

1・斜めだろうが、なんだろうが置ける。

これが私にとっての決め手だったのですが。
自立式なので、斜めだろうがなんだろうが、オールオッケー。
壁につっかえさせるようなタイプであれば、壁の傷なんかも気になるかと思うのですが、それも大丈夫です。つっかえ棒で壁だと、下手したら壁紙が剥がれるよね。

 

2・倒れない。

子どもの体重で動かない仕組みになっているので、子どもがどんなに押しても倒れることはありません。2歳3か月の今でも大丈夫。キッチンは侵入不可です。

 

3・色味がいい。

ベージュかブラウンですが、うちはブラウンにしました。家の全体的な木の雰囲気を重視したかったので。あと、2年以上使っていますが、今のところ汚れらしい汚れもなくキレイな状態です。これもポイント高いですね。

 

4・持ち運びが簡単。

ま、キッチン以外侵入不可なところはないので持ち運ぶことはないのですが。
掃除のとき便利です。サッと片手で持ちあげて掃除機をかけることができます。いちいち壁から取り外すタイプだとめんどくさがりな私は、ゲートの下だけ掃除しなかったことでしょう・・・。

 

5・またぎやすい。

高さ的にも丁度またぎやすいものになっています。
ま、軽いのでのけて通過するのでもいいのですが。
扉式だと、娘が入りたがっただろうな、と推測。またぐタイプなので、諦めてゲートの前でいつもまっています。これが可愛いんですよね。


そんな感じで今日も「おくだけとおせんぼ」は大活躍しています。

ちなみにベージュはこっちの色。

日本育児 おくだけとおせんぼ ベージュ 対応幅77~95cm×奥行き65×高さ60cm(展開時) 5011000001 6ヶ月~24ヶ月対象 おいてまたぐだけのお手軽ゲイト

うちには、やっぱりブラウンの方がいいかな。お部屋のイメージと合わせてどうぞ。

 

ということで以上です!