読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

2歳4か月。と、そのころにありがち(?)な問題への対処法。

子ども
スポンサーリンク

最近寝つきが悪くなってきました。
寝室に行ってからの1時間以上のお楽しみ時間を経ないと寝ない。
暗闇にいると、私が先に寝てしまいそうになる。そんな2歳4か月(直前)の動向をまとめておきます。

 

1・空気清浄器という単語が言えなくてストレスフル。

① エアコンを指さし、「エアコン」。
② そのあと、空気清浄機を指さし、「これは?」と訊く。
「空気清浄器よ」というと、しばらく悩み、①に戻る。
これを寝る前に7回以上毎日繰り返す。

 

2・人前で服をまくり上げる。

公園にいても、スーパーにいても、いきなり服をまくり上げる。
そして、嬉しそうに「おなか」と叫び出す。
いやいやいや。それ恥ずかしいから。お嬢さん。
以前、職場の来客があるときに、私の服をまくりあげようとして・・・(涙)。
それ、誰も喜ばんから。シックスパックできるまで待って・・・。

 

3・シャボン玉飛んだ。屋根まで飛んだ。

シャボン玉の歌で、手をパチンパチンさせる。
彼女にとって、シャボン玉は自然に壊れて消えるものではなく、積極的に破壊しにいくものらしい。

 

4・ママよりもオッパイが好き。

「ママ好き?」
「おっぱい!」
「ママが好きなんでしょ?」
「おっぱい!!」
「おっぱいの方が好きなの?」
「うん!」
(+_+)

 

「~の方が好き」とか「~の方が大きい」などといった概念把握ができるようになっているのは大変喜ばしいことで・・・。

 

5・なんでも「ゴメン」

以前は何をしても謝らなかったのに最近は「ゴメン」が言えるように。
走ってきて太ももの内肉を踏んづけて痛がる私に「ゴメン!」
お腹の上にダイブして、膝落としをして「ゴメン!」
膝に座り、いきなり立ち上がろうとして顎を頭で強打し「ゴメン!」

 

ちなみにぶつかると彼女も痛いんですよね。
だから、「ママは?」みたいに言われる。「娘ちゃんも痛かったの?」と訊くと「うん」と言うので、なぜか私も「ゴメン」と言う羽目に。なぜだ。

 


そんな感じで今日も彼女は楽しいです。
最近は言葉も増えてきて、多少意志疎通も楽になってきました。

 

 

追加でそのころにありがちな問題への私なりの対処法。

1・遊んで寝ないの対処法。

早くに寝室に連れていく。
寝室で遊びたいみたいだから仕方ないよね。
6時にお風呂入っています。ご飯は5時くらい・・・。

 

 

2・いやいや期の対処法。

ご飯でも着替えでもお風呂でもなんでも「いやいや」言います。
「嫌」と言われたら、「そうなの、いやなの。」とフラットに言います。
悲しそうにも、怒ったふうにも、悲しそうにも言わない。ただ、事実を淡々と認める。「別にいいわよ」という感じで。すると、「(やっぱり)いる(する)。」というふうになる。
単に言いたいだけなのかな~と。

 

例)

「お風呂行こう」
「いや!」
「そう。じゃ、後でいいか。」
座って本を読む。
するとすぐに、「○○ちゃん いく!!」

 

例2)

「ご飯たべよう」
「いや」
「じゃあ、ママ先に食べているね」
「いや!」
「じゃあ、後でいいか。」
「○○ちゃん、食べる!!」

こんな感じ。

 

ま、絶対嫌なことはそれでもしませんが。単になんでも「嫌」と言いたいだけだったら、これで解決します。

 

 

ということで以上です。