D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

ついにこどもチャレンジをはじめました!

スポンサーリンク

次に年少さんになる娘。
ついにこどもチャレンジをはじめました。

 

今まで何度かやろうと思ったものの、物が増えるのが嫌だったり、昔の情報流出で図書券一枚しか送ってこなかったことを根に持っていたりして、いまいち乗り気にならなかったのですが、頻繁に送られてくるダイレクトメールに娘が激しく反応。
「しまじろう欲しい!」と。
そして、次にくるDMをみて「買ってくれて、ありがとう♡」なんて言ってくれちゃってさ。
「ごめん。それサンプルや。まだ買ってないよ…」というのを繰り返した挙句、折れました。ポッキリ。

 

年少だし、何か本人がやりたがることをやらしてやろう、と思っていたのですが、「しまじろうかよ」と思いながら、ついに購入する羽目に陥ったのでした。

 

あんまり乗り気ではなかったのですが、娘がやりたいっていうんだから仕方ないですよね。やりたいことやらしてやる、って言いましたよね。
一年契約で安くなるので、一年分振り込みましたよ。

 

そして、届く教材。
早速レビューしていきたいと思います。

 

総合結論

最初に結論から言います。
しまじろうスゲーよ!

しまじろうさん、すいませんでした。あなたは偉大です…。
むしろ、今までおもちゃ色々買ってきたけど、しまじろうだけでよかったんじゃない? っていうくらいののめり込み様です。

 

幼稚園バスなど。

バスとキャラクター人形で幼稚園をプレ体験しましょう的なおもちゃが入園準備でついてくるのですが、街並みのシートを広げ、バスを走らせ、幼稚園を堪能しています。

「どうして、幼稚園の隣に水族館があるの?」って訊かれます。
「時代の流れだよ。コンパクトシティー。人口減少による中心部集約型の…」
「そっかあ。そうだね。」
といった親子の会話も弾みます。 

f:id:peticonbu:20170321080354j:plain

ひらがな読み上げのなんかよくわからんやつ。

ひらりんとはてなんだくん? というやつ。
これも楽しそうです。文字を文字盤にあてると読み上げてくれます。

ひらがなはほとんど読めるので、こどもチャレンジで「ひらがなの読みを学ぶ」なんて言われても、「もういいやろ」って思っていましたが、記憶をより強固にするという意味では良さそうです。やっぱり反復だよね。私は色々教える気力が完全に欠如しているので、もう任せっぱなしです。がんばれ~。しまじろう~。

 

シールを貼ったりする教材?

これが多分、こどもチャレンジのメインだと思う…のですが、瞬間で終わります。
届いてすぐに始めて、15分ほどで終わります。
もっと味わってほしい…という願いはむなしく…。まあ、いいです。楽しいのは楽しいみたいだし。親が切り取ってくれ、というところも自分で切り取ってくれるので手がかかりません。

 

DVD

面白い…ようです。
ガオガオさんというウザいキャラクターが存在しますが、それへのスルー力を鍛えるといった高度なことも教えてくれます。正直私はDVD中、その場面しか覚えていません。娘は夢中です。

でも、DVDは結構刺激が強いようで、娘は見終わると疲れています。だから、あんまり好きじゃないなあ、DVDは。他の教材はいいんだけどね。


そんな具合ですが、こどもチャレンジ、次年少の娘はかなり楽しんでいます。
もっと早くに始めていれば…とは別に思いませんが、なかなか良い商品です。
始める方はご一報ください。紹介者特典(図書券)があるので…。紹介された人ももらえます。

以上。