D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

勉強の必須アイテム! 常に家にストックがあるあのアイテムとは?

スポンサーリンク

学生時代にはあれほど勉強が嫌いだったのに、なぜか社会人になると勉強がしたくなる。
忙しければ忙しいほど。特に。

 

私が英語の勉強を始めたのは25歳くらいの時だったし、スペイン語やフランス語を始めたのもその頃。
簿記の勉強をしたのが27歳だったかな?
今は育児に追われながら、非実用的なところで西洋哲学の本を読んだり、ピケティ本が積読されていたり、Webライターになるって決めたときは、ライティングの本をたくさん仕込んだ。もう体から抜けているのは御覧の通りです。

 

さてさて、このように勉強大好きな勤勉な私には、愛用している文房具があります。
それをここでは紹介していきたいと思います。

 

1・ボールペン uni POWER TANK 0.7

三菱鉛筆  油性ボールペン パワータンク SN-200PT-07 黒24

 

前にもこのボールペンは紹介したことがあります。
とにかくお気に入りのボールペン。
家のどこに座っても、どこに陣取っても、すぐに手が届く範囲においてあります!
(散らかっているわけではありま・・・せん)
鞄の中にも常備。外で何か書かないといけないとき。お店の人なんかにペンを差し出されても、マイボールペンをさっと出して書きます。

 

勉強するときも当然このボールペン。何かをまとめるとき、長く何かを書かないといけないときも、役に立ちます。
もちろん、テキストに書き込みを行うのもOK。(1.0だと書き込みにはストレスを感じるかもしれません。0.7がおすすめ。)

 

 

2・シャーペン PILOT REXGRIP 0.5

 

シャープ レックスグリップ 黒 HRG10RB5

 

 

英単語の書き取りなど、大量に手を動かす必要があるときは、これに限ります。
筆圧がかなり高い私は、このシャーペンに出会うまでは定期的にシャーペンを壊していました。
芯が止まらなくなるんですよね。筆圧高い人ならわかりますよね??

 

こちらのシャーペンであれば、筆圧が高い人でもストレスなく長く使えます。
ちなみに筆圧高くてシャーペンをひたすら壊し続けた私はトラウマで、大量のシャーペンがないと落ち着かない状態に。今筆箱を確認したら、4本入っていました。たぶん、もうちょっとどこかにあるよ?
シンプルなつくりのため、嵩張らないのも高ポイント。

 

この二つと百均のノートがあれば、あとはなんでも勉強できそうな気がしますね。
逆に、この二つがなければ勉強のモチベーション上がりません。というかしません。
だって、書くものないしね?

 

 

それはそうと、勉強するにあたっては、「これがあると捗る!!」といったお気に入りアイテムを作っておくのもいいかもしれません。
私なんかはやる気がないときは、文房具屋さんに行って、POWER TANKかREXGRIP買って来たらモチベ回復しますので。一本200円(100円)でモチベ回復するなら、安い買い物だと思いませんか? 

 

ペンじゃなくても大丈夫。「これがあると大丈夫」な勉強のお供を一つ作ってみてはいかがでしょうか。

 

今週のお題「愛用しているもの」

以上。