D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

2歳8か月。買うんじゃなかった絵本大特集。

スポンサーリンク

だいぶ前に「2歳児の嫌々期、辛い」って話をしたのですが、

最近は「いや!!!!」じゃなくて、「もう、いや!!」なんて言っています。
なにが、「もう」嫌なのか。人生なのか。その歳でもう人生に倦んでしまったのか・・・。
「もう嫌」とか言われると本当に辛いです。
いろいろ頑張っている(つもり)のに・・・。そんなにいやかい。私が嫌かい・・・。

 

さてさて、今回は、タイトルのとおり。
買うんじゃなかった絵本特集です。
いや。別にいいんですけどね。でも、なんかやたらボリュームの多い本を持ってこられると、「ああ。もうちょっと自分で読めるようになってから与えればよかった・・・」と後悔ひとしきりでして・・・。
大量に持ってこられると「喉痛い・・・。許して・・・」と言いたくなるような絵本を今回は取り上げてみました。以前、「買ってよかった絵本」に挙げたこともあるかもしれませんが、ご容赦ください。

 

それではスタート。

 

ふまんがあります (PHPわたしのえほん)

ふまんがあります (PHPわたしのえほん)

 

 子どもがお父さんに不満を伝え、それをお父さんが言い訳するといったもの。
ほのぼのとしていて、いい絵本です! 

 

 

りゆうがあります (PHPわたしのえほん)

りゆうがあります (PHPわたしのえほん)

 

 こどもがすることにだって理由がある、というもの。
上と同じく言い訳シリーズ(?)。言い訳の中身が可愛いんですが、いかんせん文字が多いのでございます。

 

 

ぼくのニセモノをつくるには

ぼくのニセモノをつくるには

 

 ヨシタケ先生に不満があるわけではありません・・・。
というか気にいったからクリスマスプレゼントにしちまったわけなんです。
でも、どうも2歳児には早い・・・よね??

 

 

りんごかもしれない

りんごかもしれない

 

 大体、この上の4冊をセットで持ってきます。
正直、この4冊を一気に読ますのは勘弁してもらえないかな~と。


ちなみに。 

もう ぬげない

もう ぬげない

 

 これはいい。だから、いつもさりげなく『「もうぬげない」を読もうよ』と誘導しているのですが、まあ、そこで終わるわけがないですよね・・・。

あ。「もう、いや」の「もう」はここで覚えたのか。。

 

 

はははのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

はははのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

 

 これ読んだあとは、おとなしく歯磨きをしてくれる率が73%(当社比)とやや高めなので、長くても頑張る・・・。けど。

 

こっちだけでもよかったかもしれない。 

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)

 

 これを読んだだけでも歯磨きはしてくれるから。文字数も少ないし・・・。

 

 

ゆかいなゆうびんやさん―おとぎかいどう自転車にのって

ゆかいなゆうびんやさん―おとぎかいどう自転車にのって

  • 作者: ジャネット・アルバーグ,アラン・アルバーグ,佐野洋子
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 1987/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

 これ。昔、自分が好きだったから絶対読ませてあげたいと思ったのですが・・・。
文字数多いのもそうなんですが、中に入っている手紙とか(仕掛け絵本です)が既に紛失。やぶかれているものも・・・。結構ショック。

 

 

ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス

ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス

  • 作者: ジャネットアルバーグ,アランアルバーグ,Janet Ahlberg,Allan Ahlberg,佐野洋子
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 1992/10/10
  • メディア: 単行本
  • クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (14件) を見る
 

 となれば隠すに限ると思い、こちらは隠していたのですが、気が付けばリビングに転がっていました。鼻が利きすぎる。

 

 

きょうはマラカスのひ (日本傑作絵本シリーズ)

きょうはマラカスのひ (日本傑作絵本シリーズ)

 

 これも文字が多くって嫌。
読んでいるうちに疲れてしまって(ここにくるまで大体20冊は読む)、無意識に、「うんうん。気持ち悪いね」なんて言ってしまったことも。いや、気持ち悪くはないんですよ? でも、これ犬かな? なんの生き物かな? みたいな?


フワフワさんは けいとやさん フワフワさんのいちにち (日本傑作絵本シリーズ)

フワフワさんは けいとやさん フワフワさんのいちにち (日本傑作絵本シリーズ)

でも、これも欲しい。。文字数多いんだろうけど。。


 

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

 

 これとか。 

もけら もけら (日本傑作絵本シリーズ)

もけら もけら (日本傑作絵本シリーズ)

 

 これとか、そんな絵本ばかりだったら、私の今の生活は結構違うものだったに違いない・・・。そんなふうに思います・・・。

 

あんなボリュームのある本を一日30冊×2通りくらい読まされると、ちょっと疲れても仕方ないと思いません? 

 

「へい。べいべー。公園行こうぜ?」と誘うと「もう、いや」と言われる。
まだ今日は一度も行ってないけど?

 

そんな感じで嫌々期と絵本魔に苦しんでいる今日この頃。


とはいえ、「子どもは3歳までに親孝行を終わらせる」という言葉は正しいのだろうと思わせるに十分なくらい娘は可愛いです。3歳までってあとちょっとやんねえ。これって、3歳になると親孝行終了ってこと? それとも3歳の間は親孝行してくれるの? 子育ての先輩、教えてください!

 

以上。


*文字数多くて疲れるだけでどれもいい絵本です。。