読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D'ac

元銀行員。現在:写真撮影・加工。金融ライター・翻訳。子育てられ中。

モチベーションをあげるために知っておこう! 英語ができると得すること一覧!

スポンサーリンク

f:id:peticonbu:20150705041349j:plain

 「英語なんて出来なくても困らない!」
そう突っぱねていたのは、遠い昔。英語が多少なりともできると得をすることについてみていきましょう!

 

英語ができると得すること!

 

就職に有利。


「TOEICの点を取ったくらいで就職なんてできないよ!」とか「英語できる人材なんていっぱいいるから差別化図れないよ!」なんて声もありますが、これらは、英語できる人材の希少価値を高めるために、勉強者の意欲を削ごうとする既得権益者たちの戦略的な言説であると心得ましょう!

 

実際、私はTOEICを取って、就職はかなり有利になりました。まあ、でも本当にバリバリ英語が必要とされるところは怯んでしまって行ってないですけど・・・。まだまだ、英語劣等生意識は健在です・・・。それはそうと、英語がほとんど必要とされないようなところでもTOEIC800点の神通力は効きます!

 

「あ、君、英語できるの? すごいね!」なんて毎度言われます。「TOEICだけなんで、しゃべれません。TOEICだけで喋れると思うなよ! まだまだ勉強中なんです。ウフフ。」といつも返すようにしています。(何回転職しているの?は訊かないお約束で。)

 

情報が早い。


海外ニュースなど、情報をいち早くゲットすることができます。大きなニュースであれば即日本語に翻訳されるので、情報のタイムラグは少ないのですが、小さいニュースや芸能ニュース、面白ネタなどは時差があるため、先に英語で読めるとお得な気分。

 

先に海外ニュースを読んだあと、一週間後くらいに日本語ニュースで流れて来たら「あ、それ、もう知っているよ」なんて優越感に浸れます。口に出すとウザいだけですが。

 

なんたってカッコいい。


海外旅行するにしろ、道に迷っている外国人に道を教えたりするにしろ、やっぱり英語ができるとカッコいいです。「英語ができる私」に浸ることができます。

 

日本人は英語コンプレックスがある人が多いので、英語が話せると簡単に「すごい人」と認定してもらえます。一目おかれたい場合は、英語のスキルアップに限ります。いや~、本当に憧れる。私はそこまでいってないよ? てか、日本人が周りにいると英語使うの怖い。ネイティブより日本人怖い。

 

 

他にも英語ができるとできるようになることが沢山。


・洋書が読める。(翻訳を待たなくていい)
・ツアーじゃなく、海外旅行に行ける。
・洋楽が歌える。
・英語の略語(GDPなど)に強くなる。
・国境を超えた友達を作りやすくなる。

 

折角英語を勉強するのに、「会社に強制されたから・・・。」だけじゃツマラナイですよね。それ以外のメリットや目標を決めて、英語マスターにまい進していきましょう!

 

子どもが生まれてからサボりがちですが、こんなん書いていたらやりたくなってきた!
モチベアップ、だね!